レスター、ライプツィヒFWルックマンをレンタルで獲得「誇らしい気持ちでいっぱい」

拡大画像を見る

 レスターは31日、ライプツィヒからFWアデモラ・ルックマンをローンで獲得したと発表した。

 ルックマンは1997年生まれの23歳。チャールトンでキャリアをスタートさせると、2017年1月に4年半契約でエヴァートンに移籍した。その後、ライプツィヒにレンタルで入団し、2019年7月に完全移籍に移行した。しかし、2019-20シーズンはリーグ戦11試合の出場にとどまり、昨シーズンはフルアムにレンタルで移籍。フルアムではプレミアリーグ34試合に出場し4得点4アシストをマークした。

 移籍が決まった同選手はクラブメディアに対し「この場に来られたことを嬉しく思う。このような偉大な歴史があり、クオリティの高い選手たちがいる素晴らしいクラブに加入できて誇らしい気持ちでいっぱいだ」とコメント。続けて「施設も信じられない(くらい良い)。とても衝撃を受けたし、ここでの仕事が待ち遠しいよ。環境は選手にとって非常に重要だ。その点ここには僕が毎日ハードワークする上で正しい環境があると思うし、僕もここで向上できると思う」と意気込みを語った。

関連リンク

  • 9/1 2:47
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます