川上憲伸氏 虎・金本にサヨナラ被弾の時効話を告白 プロ野球新番組MCに

拡大画像を見る

 元中日投手の川上憲伸氏(46)とタレント・上田まりえ(34)が31日、MCを務めるMONDO TV「俺プロ!~俺たちのプロ野球~」(10月28日スタート。隔週木曜、深夜0・00)の取材会を都内で開いた。

 元プロ野球選手をゲストに迎え、知られざるエピソードや裏話を届けるトーク番組。川上氏が「楽しく(ゲストの)人間性のところを追求していきたい」と話せば、上田は「キャッチャーになれるように、憲伸さんが投げたい方向に投げられるように頑張っていきたい」と抱負を述べた。

 川上氏は自身の印象に残る一戦を問われ、04年の阪神戦で4番・金本にサヨナラ弾を浴びて0-1で敗れた試合と回答。実は登板直近の休日にゴルフに行こうとして足首をねんざしていながら首脳陣にも伝えず「本当にきつかった。普通は負けて悔しいんですけど、僕一人だけ(好投が)誇らしかった」と笑いながら“時効”になったエピソードを明かしていた。

 番組ゲストは1、2回目に元ヤクルトの宮本慎也氏、3、4回目に元中日の立浪和義氏が出演する。

関連リンク

  • 8/31 17:14
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます