ユアン・マクレガーとイーサン・ホークがAppleの映画で異母兄弟役、アルフォンソ・キュアロンが製作

拡大画像を見る

ユアン・マクレガーイーサン・ホークが、Appleのオリジナル映画『Raymond and Ray』(原題)で異母兄弟を演じるという。Apple TV+の公式サイトが発表した。監督・脚本はロドリゴ・ガルシア(『パッセンジャーズ』『アルバート氏の人生』)、製作はアルフォンソ・キュアロン(『ROMA/ローマ』)、ボニー・カーティス&ジュリー・リン(『アルバート氏の人生』)。

Apple TV+によれば、『Raymond and Ray』は「ひどい父親の影でひっそりと生きてきた異母兄弟のレイモンド(ユアン)とレイ(イーサン)」の物語。「彼らはそれでもお互いにユーモアを持ち合わせていました。父親の葬式は、彼らに取って生まれ変わるチャンスです。そこには怒りあり、痛みあり、愚かさあり、愛もあるかもしれません。間違いなく最後の始末をつけることになります」とのこと。

ともに50歳で、スコットランド出身のユアンとアメリカ出身のイーサン。映画ファンは「どちらがどちらの言葉のアクセントに合わせるんだろう?」「イーサンがスコティッシュ・アクセントでしゃべってくれたら最高」「キャスティングが絶妙」「ユアン、イーサン、キュアロン。観ないわけにはいかない」と期待をふくらませている。



(Hiromi Kaku)

関連リンク

  • 8/31 13:30
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます