朝ドラ、みーちゃんがついに百音に謝る ネットも安ど、次は菅波へ【ネタバレ】

拡大画像を見る

 31日に放送されたNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で、姉・百音(清原果邪)に対し、嫉妬心丸出しの言葉を浴びせた未知(蒔田彩珠)が、ついに姉に謝罪。ネットは安どの声がもれた。

 この日の「おかえりモネ」では、百音が気仙沼に帰ろうとする亮(永瀬廉)を汐見湯に連れて帰ると、仙台から三生(前田航基)と悠人(高田彪我)もやって来る。未知は姉とのけんかで汐見湯に居づらくなったことから、気仙沼に帰ると言い出すも、百音は三生たちと一緒に帰ればいいと未知を止め、仙台から島に帰るまで亮をしっかり見ていて欲しいと未知に頼む。

 これに未知はようやく「お姉ちゃん…ごめん」と謝罪。百音は「ううん」と受け止めると、未知は「私、菅波先生にね…」と、菅波へ酷いことを言ってしまったことを伝えようとする。だが「菅波」という言葉で、約束をすっぽかしてしまったことを思い出した百音は、その先を聞かず菅波に電話をかける…という展開だった。

 先週末から今週にかけ、姉への嫉妬心から数々の暴言を吐き、菅波まで巻き込んでしまった未知がようやく謝罪したことでネットも「みーちゃんモネに謝罪!おおおーん」「みーちゃん偉い!よく謝った!」「みーちゃん、謝罪できた」「ちゃんと謝れるのすごいよ、みーちゃん」などの声が。

 また「お姉ちゃんだけにじゃなくて、先生にもきちんと謝罪しないとあかんと思うよ」「みーちゃんが菅波に直接謝る日は来るかなあ」など、菅波にも謝罪して欲しいとの声も上がっていた。

関連リンク

  • 8/31 9:02
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます