「おかえりモネ」菅波先生(坂口健太郎)が見せた“優しさ”に心掴まれる「大人な対応」「こういうところが大好き」

【モデルプレス=2021/08/31】女優の清原果耶がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(総合:あさ8時~、BSプレミアム・BS4K:あさ7時30分~)の第77話が、31日に放送された。俳優の坂口健太郎のシーンに反響が寄せられている。<※ネタバレあり>

同作は「海の町」気仙沼に生まれ育ち、「森の町」登米で青春を送るヒロイン・永浦百音(清原)が、東京で“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けていく、希望の物語。

百音が幼馴染・及川亮(永瀬廉)を連れ戻しに新宿へ行ったため、2人で出かける約束が叶わなくなってしまった菅波。さらに、百音と亮の関係性に嫉妬した百音の妹・未知(蒔田彩珠)は、菅波に「分かりませんでした?なんか、空気感じませんでした!?あの2人は、昔から通じ合ってる…」と心無い言葉をかけてしまった。

◆菅波、百音に見せた優しさ

「おおよその事情は分かりました。では、今日はこれで」と決して未知を責めることなく、汐見湯を去った菅波。

百音が謝罪の電話を入れると、菅波は「そんなに謝らなくて大丈夫ですよ」と返し「事情は聞きました。そういう時にこっちのこと忘れてくれる人の方が、僕は信頼できます」と優しく伝えた。

また、「もう謝らなくていいから。まずはそちらの時間を大事にしてください」と電話の最後まで百音を気遣う。しかし電話を切った後には、どこか切ない表情を浮かべるのだった。

◆菅波の気遣いに反響

放送後、視聴者からは「菅波先生のこういうところが大好き…!」「大人な対応でさすがだな~」「菅波先生の優しさが沁みた」など、絶賛のコメントが続々。その一方では「優しいけど、やっぱりデートに行けなかったのはショックだよね…」「最後の切ない表情に胸がぎゅっとなる」などの声も上がっていた。(modelpress編集部)

情報:NHK

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 8/31 9:01
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます