「ひょっとして告白?」男友達を誤解させてしまう恋愛相談9パターン

好きな人の気持ちが理解できないとき、男友達に「男心」を訊ねてみるのは有効な解決策のひとつでしょう。とはいえ、悩み相談は「信頼の証」でもあるので、アプローチを誤ると「俺を頼るってことは、もしかして気がある?」と勘違いを招いてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『ひょっとして告白?』男友達を誤解させてしまう恋愛相談」をご紹介します。

【1】「みんなに聞かれたくないから」と目配せする
「思わせぶりな目線に…もしかしたらと思ってしまう」(10代男性)というように、人目を避けるそぶりから、男性の深読みを誘ってしまうケースです。早とちりを防ぎたければ、ファストフード店や学食など、あえて雑然とした場所を選ぶのもありかもしれません。

【2】「恋愛のことで頼みがあって」と前置きする
「恋愛のこととは言うけど、なかなか本題に入らないのでドキドキした」(20代男性)というように、もったいぶった前置きのせいで、気持ちを振り回してしまうパターンです。「実は○○くんのことで」などと単刀直入に切り出したほうが男性も話を聞きやすくなりそうです。

【3】「場所を変えようか」と腕を引っ張る
「突然のボディタッチにドキッとしてしまった…」(10代男性)というように、恋愛相談のシーンでは、他意のないスキンシップもおかしなムードの引き金になってしまうかもしれません。変な雰囲気を感じたら、相談中も隣り合ったりせず、物理的に距離を置いて話したほうがいいでしょう。

【4】「ちょっとまとまった時間くれる?」と意味深に迫る
「何を話してくるのか見えないので、ありえないと思いつつ、妄想を膨らませてしまった」(20代男性)というように、用件をはっきりさせずにアポを取るのも、期待を持たせる一因になりそうです。恋愛相談は、お酒の席のついでなどに、何気なく切り出すくらいがちょうどいいのかもしれません。

【5】「絶対に誰にも言わないで」と先に約束させる
「俺にだけ…って告白だよね?と気持ちが先走ってしまった」(10代男性)というように、秘密めいた前置きも、勘違いを引き起こすようです。相手に気まずい思いをさせたくなければ、「好きな人について第三者の意見を聞きたい」と最初に明言するのが無難でしょう。

【6】「自分の気持ちがわからなくって…」とすがるような目で見る
「うるっとした目でのぞきこまれて、動揺しました」(10代男性)というように、話を聞いて欲しいと真剣になりすぎて、その表情から誤解を招いたケースです。必死になる気持ちはわかりますが、いつも通りのスタンスで接することを心がけましょう。

【7】「気になる人ができて」と急に打ち明ける
「それって俺のこと?としか思えない」(20代男性)というように、相手が誰なのか明かさず「気になる人」と表現するのも混乱をもたらすようです。ミスリードを避けたければ、「友達だから言えるんだけど、バイト先で気になる人ができて」などと具体的な説明を心がけましょう。

【8】「話があるんだけど…」とか弱い声で切り出す
「弱弱しい姿を見たら俺が守ってあげなきゃ!と思いますよね」(20代男性)というように、しおらしい口調に女性らしさを感じて、前のめりになってしまう男性もいます。遠くを見てため息をつくなど、いかにもな仕草は避けたほうがいいでしょう。

【9】「頼れるのはあなただけ」と涙を浮かべる
「涙はヤバいでしょう。これはギュッと抱きしめたくなっちゃいます」(10代男性)というように、「女性の武器」を見せられると、とたんに恋愛スイッチが入ってしまう人もいます。「こんな話があるんだけど聞いてくれる?」と、笑い混じりで相談するくらいの余裕があったほうがいいのかもしれません。

恋愛相談は「俺だけに秘密を打ち明けてくれる」と特別感を味わわせやすいもの。誤解を避けたいのであれば、「アドバイスが聞きたい」「意見がほしい」と、意図をきちんと伝えたほうがいいようです。(佐々木正孝)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/31 8:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます