「シブスタ2021」モデルプレス賞・中山莉李さん、石原さとみの言葉きっかけに芸能界へ 夢は朝ドラヒロイン

【モデルプレス=2021/08/31】若槻千夏、菜々緒、中村アン、筧美和子らが所属するプラチナムプロダクション主催の渋谷発“次世代スター”発掘オーディションイベント「シブスタ2021」が開催され、鹿児島県出身の中山莉李(なかやま・りり/20)さんがモデルプレス賞を受賞。モデルプレスは、受賞直後の中山さんにインタビューを行った。

◆中山莉李さん、石原さとみのセリフをきっかけに芸能界の道へ

― モデルプレス賞の受賞おめでとうございます。今の心境はいかがですか?

中山:ずっと名前が呼ばれなくてどうしようって思っていたんですけど、モデルプレス賞で名前を呼んでいただけて嬉しいです!

― やはりグランプリを獲りたかった気持ちもありますか?

中山:めちゃめちゃあります。グランプリを絶対に獲りたいと思っていたので、悔しいです。

― 芸能界を目指そうと思ったのは、何歳のころですか?

中山:高校生のころです。元々ドラマを見るのが好きで、芸能界に憧れるようになりました。

― そのきっかけとなったドラマは何ですか?

中山:「ディア・シスター」というドラマで、石原さとみさんの「明日死んでも後悔しない?」というセリフを聞いた時に、「後悔するな」と思って芸能界を目指すようになりました。

― オーディションを受けたのは、今回のシブスタが初めてですか?

中山:何十回か受けています。書類選考で落ちてしまうことが多かったです。

― そうなんですね。今回のシブスタにはどんな思いで応募されたんですか?

中山:締め切りのギリギリでオーディションがあることを知ったんですけど…(笑)間に合って良かったです。

― 今回のオーディションをきっかけに「もっとここを伸ばしたい」と思ったところはありますか?

中山:直接会ったことのない方々と配信を通してお話ししたのですが、もっとたくさんの方々とお話しして、積極的になりたいなと思いました。

― ファンの方々から言われて嬉しかった言葉はありますか?

中山:「見ていて癒やされる」と言われた時は嬉しかったです。

◆中山莉李さん、美の秘訣明かす

― 今回のオーディション中で、自分磨きのために頑張ったことはありますか?

中山:自分の骨格的に髪を下ろす方が良いと思ったので、似合う髪型を研究しました。あとは少し食事を減らしたり、夕食は炭水化物を抜いて、ダイエットしました。

― すごいですね!スキンケアなど、美容のためにしたことはありますか?

中山:配信期間中は、睡眠不足で肌荒れしてしまって…元々肌が弱い方なので、逆にあまり塗らないようにしました。あとは、お風呂上りにマッサージとストレッチを毎日欠かさずにしています。

― 趣味や特技はありますか?

中山:趣味はお散歩です。特技はダンスとクラシックバレエで、ダンスは高校生の頃に2年間、クラシックバレエは5年間やっていました。

― 鹿児島県出身とのことですが、鹿児島のどういうところが好きですか?

中山:人が温かいところです!観光大使などをやってみたいです。

― 鹿児島のおすすめの食べ物はありますか?

中山:“かすたどん”っていうスフレ生地の中にカスタードクリームが入っているお菓子おすすめです。シンプルなお菓子なんですけど、大好きです。

◆中山莉李さんの「夢を叶える秘訣」

― 将来の目標や夢などはありますか?

中山:小学生の頃から朝ドラを見るのが習慣なくらい朝ドラが大好きなので、朝ドラでヒロインを演じられるような女優さんになりたいです。もっと演技の勉強をして、少しでも多くのドラマに出られるように頑張りたいです。

― 今回オーディションに参加して夢に一歩近づいた段階だと思いますが、中山さんが思う、“夢を叶える秘訣”を教えてください。

中山:今回グランプリは獲れなかったのですが…ずっとグランプリを目指しながら頑張ってきたからここまでくることが出来たので、常に上を見続けることが秘訣だと思います。

― これからも応援しています!ありがとうございました。

◆渋谷発の新しいスターを発掘「シブスタ2021」

8月8日、東京・渋谷ストリームホールにて2年ぶりに開催された同イベントは、渋谷に事務所の拠点を置き、昨今ではZ世代に強い影響力を持つタレントの育成に力を入れているプラチナムプロダクションが主催する、渋谷発の次世代スターの発掘、新しい文化を作るオーディションイベント。この日の最終審査には、ファイナリスト8人が挑み、滋賀出身の佐治夢菜さんがグランプリに輝いた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 8/31 7:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます