最終予選の初戦まであと3日…日本代表が始動! 初日の練習には17名が参加

拡大画像を見る

 日本代表は30日、9月2日に行われるFIFAワールドカップカタール2022 アジア最終予選のオマーン代表戦に向けて始動した。

 初日の練習には17名の選手が参加。帰国したばかりの海外組と日曜日に試合をこなしたJリーグ組の選手たちは、ランニングやボール回しなど軽めのメニューで調整。金曜日、土曜日が試合だった久保建英や大迫勇也らはスパイクを着用し、約1時間汗を流した。川島永嗣、吉田麻也、冨安健洋、原口元気、伊東純也、守田英正、古橋亨梧の海外組7名は明日以降合流する予定となっている。

 日本対オマーンの一戦は、市立吹田サッカースタジアムにて9月2日(木)19時10分キックオフ。試合はテレビ朝日系とDAZNで中継される。

関連リンク

  • 8/30 18:53
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます