大事なプレゼンで、消し忘れたセクシー動画を流しちゃった…キャリア女性の恥体験

拡大画像を見る

 日々生きている中で絶対に失敗できない場面が訪れた時、どんなに準備をしたとしても、うっかりということがありますよね。今回は、人生初のプレゼンという舞台で、盛大にやらかしてしまった大失態エピソードをご紹介します。

◆女性向け下着開発部に異動した32歳独身女性

 2年前に女性向け下着の商品開発部に異動した美穂さん(仮名・32歳)。同期がどんどん寿退社していくなか、彼女は仕事に情熱を注いでいました。

「焦りは無いといえば嘘になります。もちろん、いい人が現れないかな、とふとした瞬間に思うこともあります。あの大失態を犯してしまった晩もそう思いました」

 持ち前の探究心旺盛なところが上司に評価され新商品の企画チームに参加が決定し、その仕事に奔走する日々だったそうです。

◆販売店向けのプレゼンに大抜擢

 努力家だった美穂さんは、その功績が認められて、販売店向けのプレゼンに大抜擢されます。

 今回のプレゼンのテーマは<女性らしく、それでいて官能的>というもの。美穂さんは寝る間も惜しんでプレゼン資料の作成に奮闘します。

「寝ても覚めてもプレゼンのことばかりでした。恋人がいたらそういうわけにもいかないですからね。仕事が恋人!というくらい、プレゼンのことばかり考えていましたし、何度も何度も手直しをして、夢にまで出てくるくらいだったんです」

◆緊張で一睡もせずにプレゼンへ

 いよいよプレゼンの当日の朝になりました。この日も最終調整のためにパソコンに向かいっぱなしで、緊張から一睡もせずに、資料のアップデートや原稿のチェックをおこなっていたそう。

 美穂さんが担当した商品は前評判も良く、期待が集まる中、プレゼンがスタートします。資料作成の努力の甲斐もあって、販売店の面々はスクリーンに釘付けとなっています。

「女性らしく、それでいて官能的に~」深夜のカラオケ店で何十回も練習した台詞を話し始めます。美穂さんは笑顔で自信たっぷりな様子です。

「それでは、今回提案させていただく新製品を御覧ください!」そう言って美穂さんはノートパソコンを開きました。

◆まさかの事態に会場が騒然

 会場は割れんばかりの拍手に包まれるかと思いきや…聴衆に困惑の表情が浮かび、どよめきが起こりました。

 思っていた反応と違う美穂さんがスクリーンの方に目をやります。そこにはなんと、男女が絡むアダルトな動画が映し出されていました

 慌てて消そうと思ってパソコンを操作すると、なんと音声まで出てしまい、艶めかしいアノ時の声が会場中に響き渡ります。

◆真っ青になりながらもプレゼンを続行

 なぜこんな事態になったのかというとーー。
<女性らしく、それでいて官能的>というプレゼンのテーマだったために、美穂さんは、官能的な動画を参考資料としていました。ギリギリまで作業に奮闘していたために、動画を停止させずに、ノートパソコンを閉じてしまっていたのです。

「もう、ほとんど記憶が無いというか、思い出したくもありませんよ。ただ、それまで応援して色々と助言をもらっていた上司や先輩方が目を覆う表情だけは忘れられません。過呼吸で倒れるんじゃないかって思いました」

 真っ青になりながらも、その場から逃げずにプレゼンを続行しました。プレゼン自体は成功して、また、美穂さんがやらかした大失態も、逆に新商品を印象づける結果になったそうです。

◆ノートパソコンを開くたび蘇ってくる

「お陰さまで、プレゼンした商品は商品化が決定しました。それに、売り上げも上々だと聞いています」と美穂さんは苦笑いで言います。

 その晩は自室で大泣きしたそうです。「あの晩ほど、もう、仕事なんて辞めたい、結婚したいって強く思った日はないですね。まさか自分にこんなコントみたいな出来事が起こるなんて思ってもみませんでしたよ」

 みなさんも、ノートパソコンを開く時にはご注意を。とくに、追い詰められているときほど、確認を怠ってはいけません。美穂さんは、その時のことがトラウマになって、今もノートパソコンを開くたびに、あの時の大失態がふっと頭をよぎるようになってしまったそうです。

<文/浅川玲奈 イラスト/zzz>


関連リンク

  • 8/30 15:47
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます