「マーベル・スタジオ映画で初めて“マーシャル・アーツ”を取り入れた」シャン・チーVS謎の刺客による白熱の格闘! 一部本編映像解禁

拡大画像を見る

全世界を席巻し、衝撃と感動を巻き起こした映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』。公開当時、全世界歴代興行収入記録を塗り替え世界No.1を記録した、世界中の人々の記憶に残るこのビッグタイトルを生み出したマーベル・スタジオが贈り出す『シャン・チー/テン・リングスの伝説』がいよいよ今週3日(金)より公開となります。いちはやく映画を鑑賞した映画評論家による米レビューサイト「Rotten Tomatoes」では一足先に本編を観た評論家から絶賛の声が続々と上がっており、92%の高評価を獲得(8月24日現在)。マーベル・スタジオの新時代を築くヒーローとして誕生したシャン・チーに熱い視線が注がれている中、一部本編映像が解禁となりました!

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』【父からの刺客 編】
https://www.youtube.com/watch?v=9sNBVV4U0VQ

解禁となったのは、高層ビルの鉄骨らしき建物でシャン・チーが謎の刺客と白熱のバトルを繰り広げるシーン。シャン・チーに手加減なく襲い掛かるのは、彼の父であり、最大の敵シュー・ウェンウーが送り込んだ部下たち。シャン・チーはかつて父が率いる犯罪組織で最強の武術を身に付けましたが、組織の後継者になる運命から逃げ出すという秘密の過去を持ち、伝説の腕輪《テン・リングス》を操る”敵“として再びシャン・チーの前に現れた父を戦うことになります。

公開されたシーンで目を見張るのは、シャン・チーと敵たちが細い棒を辿りながら”生身“で戦う迫力満載のバトル。一歩間違えれば落下してしまう危険をはらみながら、棒をつたって的確に敵を倒し前へ進んでいくシャン・チー。一瞬たりとも目が離せない緊張感溢れるシーンだが、最後にはシャン・チーより遥かに人数の多い敵に責められ、ピンチに陥るところで映像は終了。果たしてシャン・チーはこの危機的状況を切り抜けることができるのか…?

壮絶なアクションが光る本作は、マーベル・スタジオ映画で初めて“マーシャル・アーツ”という最強の武術が取り入れられた作品。監督を務めたデスティン・ダニエル・クレットンは「これほど美しくもエモーショナルにファイト・シーンを表現できる映画はとても稀なのではないでしょうか」と本作のアクションシーンを絶賛。「しかも美しく、エモーショナルという二つの形容詞は『シャン・チー/テン・リングスの伝説』におけるすべてのファイト・シーンに当てはまります。あれらは単にエキサイティングなだけではなく、精巧で、ロマンティックで、エモーショナルなるなのです」と本作に描かれるのは、ただのバトルシーンではないということ。

シャン・チーが戦うのは根っからの悪党ではなく、自分の父でもある存在。葛藤や迷いを抱きながらも、地球の平和を優先して、父と戦うことを選んだシャン・チーによる白熱のバトルは、監督が言うようにただ観客を興奮させるだけではなく、その戦いの裏に隠れたシャン・チーの想いからも、ファンの胸を熱くさせてくれるに違いありません。シャン・チーが繰り広げる壮絶なバトルシーンにぜひ注目を!

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』
9月3日(金) 全国公開
(C)Marvel Studios 2021

関連リンク

  • 8/30 12:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます