朝ごはん向けのバナナレシピ集。気軽に栄養チャージする好バランスな食べ方

拡大画像を見る

バナナのアレンジレシピで朝ごはん!

効率よく栄養補給ができ、即時エネルギーとしても利用しやすいため、アスリートが試合の合間にバナナを食べている様子が見られます。

すでに朝ごはんや間食に置き換えている方には、そろそろアレンジが必要になりますね。

今回はダイエットにも、栄養バランス管理にも役立つお手軽レシピをご紹介します。ヘルシーなヒントも見逃さないで下さいね。

バナナのアレンジで朝ごはん☆パンケーキ

ダイエットにおすすめオートミールパンケーキ

パンケーキ、オートミール、イチゴ、ブルーベリー、アーモンド。

出典:instagram(@ume_ribbon_cafe)

低GI食品としても人気のオートミールは、エネルギーが手軽にとれて、血糖値の上昇はゆるやかですので、ダイエットにおすすめ。

血糖値の急上昇は、中性脂肪の貯蔵量を増やしたり、体のだるさや生活習慣病につながったり、ヘルシーライフの妨げになってしまいますね。

上手く組み合わせた食べ方は朝ごはんの参考になります。

お手軽なミネラル補給に豆乳バナナパンケーキ

バナナ、パンケーキ。

出典:instagram(@harapecovegan)

こちらのパンケーキは、動物性食品を使わずに、小麦粉と豆乳で作るアレンジレシピです。

ヴィーガン派の方や、卵に敏感な反応が出る方にも、朝ごはんにパンケーキを楽しめる食べ方ですよね。

豆乳のアレンジは、普段十分な量を摂りにくいミネラル分を補うことができますね。ミネラルは体内で作られないので朝ごはんでの補給がおすすめ。

頭や体を使う日の朝ごはんにフルーツピザ

頭や体を使う日の朝ごはんにフルーツピザ

出典:instagram(@keijunrin)

ピザ用のチーズの代わりに、クリームチーズを使ってフルーツピザを作るお手軽アレンジです。

果物をたくさん摂りたい朝ごはんにおすすめ。クリームチーズのクリーミーさと、果物の酸味や甘さが楽しめるレシピですよね。

果物の糖分は吸収が早くエネルギーに活用しやすいので、これから頭を使ったり、体を動かしたりする朝ごはんにぴったり。

バナナのアレンジで朝ごはん☆トースト

糖質を効率良く使う焼きバナナの玄米トースト

バター、イチゴ、玄米、トースト、オレンジジャム。

出典:instagram(@kiyomi_loveberry)

ソテーしたバナナとオレンジジャムを組み合わせたトーストの手軽なアレンジです。

チョコを塗った食べ方は既にお試し済みでしたら、次はフルーツジャムがおすすめ。

そして玄米パンを使うと、玄米に含まれるビタミンB1によって、糖質をエネルギーに効率良く変えるサポートが望めますので、ダイエットや肥満の予防にもつながりますね。

アールグレイ紅茶に浸したフレンチトースト

フレンチトースト、バナナ、イチゴ、キウイフルーツ、チェリー、紅茶、アーモンド、ミント。

出典:instagram(@keijunrin)

アールグレイの紅茶で淹れたミルクティーを浸し汁にしたフレンチトーストのお手軽アレンジレシピです。

牛乳と卵のいつものスタイルに飽きてきたら、アールグレイの紅茶で試す朝ごはんもおすすめ。

紅茶の香りの良さは、朝ごはんに爽やかさをプラスしてくれますね。紅茶とフルーツは、香りと酸味、甘さのバランスが絶妙で優雅です。

朝の栄養源が豊富なバナナソテーのせバゲット

バゲット、トースト、バナナ、シナモン。

出典:instagram(@saccueil)

カリッと焼いたバゲットに、クリームチーズを塗り、ココナッツオイルでソテーしたバナナを乗せたアレンジレシピです。

牛乳の栄養が詰まったクリームチーズは、カルシウムなどの手軽なミネラル源として朝ごはんにぴったり。

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は、脳や体内のエネルギー源として役立ちますので朝ごはんのソテーにおすすめ。

バナナのアレンジで朝ごはん☆メイン料理

手軽な良質たんぱくを望めるダッチベイビー

スキレット、イチゴ、バナナ、オレンジ、レーズン、ダッチベイビー。

出典:instagram(@87hiyori)

スキレットのふちを利用して生地が逆立つダッチベイビーに、フルーツを乗せた手軽なレシピです。

ダッチベイビーは、パンケーキと違って卵が多めで、粉は比較的少なめの調理法です。

良質なアミノ酸を摂れる卵が豊富に含まれるならば、朝ごはんのメニューにぴったりですよね。

生地自体の糖分が少ないので、フルーツで甘さとビタミンをプラスできます。

英国スタイルの朝ごはんオートミールポリッジ

オートミール、ポリッジ、バナナ、リンゴ、ナッツ、チョコレート、ココナッツ。

出典:instagram(@keijunrin)

英国式の朝ごはんで知られるポリッジスタイルは、オートミールを牛乳で煮込む食べ方です。

日本のごはんではお粥にしますが、麦文化の国ではポリッジで体を温めることができますね。

レシピ中では豆乳を使ってレンジで手軽に温める調理法も取り入れていますので、手早く準備ができます。

フルーツや栗、ナッツなど幅広い栄養を摂れますね。

ヴィーガン派におすすめ卵なしバナナオムレツ

バナナ、オムレツ。

出典:instagram(@harapecovegan)

卵を使わず植物性の食材で作るフルーツオムレツの美味しいアレンジレシピです。

豆乳を多く使い、寒天粉で水分を上手くまとめる調理法は参考になりますね。

豆乳はミネラルを含みますので、骨や歯の健康や体調のサポートに助かりますね。

牛乳に敏感な反応が出てしまう方にも、豆乳を代用できる朝ごはんレシピとしておすすめ。

バナナのアレンジで朝ごはん☆サイド料理

定番バナナヨーグルトに合うサラダクレープ

バナナヨーグルト、クレープ、ゆで卵、きゅうり、トマト、ハム、レタス、オニオンスープ。

出典:instagram(@ume_ribbon_cafe)

定番のヨーグルトと、野菜のビタミン補給や卵のたんぱく質も整うサラダクレープ、体を暖めるスープとの組み合わせは良いですね。

朝ごはんで多方面からのバランスが摂れる献立です。

バナナのオリゴ糖はヨーグルトの乳酸菌の活性化に役立つといわれますから、腸のコンディションを整えるには理想的な組み合わせですね。

とろけるほどの甘さが美味しい焼きバナナ

とろけるほどの甘さが美味しい焼きバナナ

出典:instagram(@87hiyori)

バターでじっくりソテーすることで、甘さを楽しめる美味しいレシピです。

朝ごはんにする時には、たくさんの栄養素が豊富に摂れるお手軽食材のグラノーラをトッピングにするのがおすすめ。

そのまま食べることも、ジュースやトーストも試してしまったら、バターで甘く焼いてみるのも良いですよ。

バターは焦がさないようにじっくり焼きがGOOD。

パリパリ感を楽しむお手軽バナナキャラメリゼ

バナナ、砂糖、キャラメリゼ。

出典:instagram(@harapecovegan)

加熱したスプーンをあてることで、砂糖をパリパリのキャラメルにした美味しいアレンジレシピです。

シロップではついついかけすぎてしまいますが、砂糖なら量を調節できますね。

砂糖の種類にこだわると、黒砂糖は比較的ミネラル分が多いのでおすすめの食材です。スイーツ感覚のメニューでもミネラルが摂れると嬉しいですよね。

バナナのアレンジで朝ごはん☆スムージー

ビタミンやミネラルたっぷりスムージーボウル

バナナ、キウイフルーツ、いちじく、ブルーベリー、スムージー、グラノーラ。

出典:instagram(@keijunrin)

普段はグラスでいただくスムージーを、カフェオレボウルのような食器に盛り付けるアレンジレシピです。

フルーツとグラノーラを組み合わせて、ミネラルやビタミンをプラスできますね。

飲むだけの一辺倒のスムージーも、盛りつけスタイルを変えるだけで、栄養面もプラスできるアレンジの方法は朝ごはんにおすすめです。

アクティブな日の朝にココナッツスムージー

マンゴー、リンゴ、バナナ、キウイ、スムージー

出典:instagram(@keijunrin)

パウダー状のココナッツパウダーと、たくさんのフルーツで作ったスムージーのアレンジです。

液体状のココナッツミルクの残りを早く消費したいときにもおすすめの食べ方です。

ココナッツの脂肪酸はMCTと表され、素早くエネルギーとして使われるとも言われていますので、これから活動量が多くなる朝ごはんにぴったり。

道具がいらない手軽なバナナラッシー

バナナ、ラッシー、ヨーグルト、牛乳。

出典:instagram(@kiyomi_loveberry)

フルーツ自体の甘さを活用するので、お砂糖が必要ないラッシーのレシピです。手軽に作れるので、朝ごはんの時短レシピにおすすめ。

こちらのレシピでは、袋を使って食材つぶしますので、調理器具を出さなくとも作れます。

お好みの他のフルーツを足すのも良く、つぶさずにゴロゴロとした果肉を入れたアレンジも、香りが増して美味しいです。

バナナのアレンジで朝ごはん☆まとめ

手軽な朝ごはんにおすすめのアレンジレシピをご紹介してきました。

フルーツだけではバランスに不安があっても、他の食材を取り入れることで、たんぱく質も補給でき、朝ごはんにぴったりのメニューになりますね。

動物性食品なしや、ダイエットに役立つレシピもありますので、目的に合わせてぜひ参考にしてみて下さいね。

関連リンク

  • 8/29 22:00
  • folk

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます