ReoNa ゲーム『月姫』主題歌をライブ初披露、大切な「SAO」楽曲も力強く

拡大画像を見る

歌手のReoNaが29日、さいたまスーパーアリーナで行われたアニメソングの祭典『Animelo Summer Live 2021 -COLORS-』に出演した。




2019年公演に続き2回連続の出演となったReoNa。今年3月に生配信された『アニサマ2021発表会』では、「あなたに、1対1でお歌をお届けするつもりで紡がせていただきますので、余すことなく受け取っていただけたら嬉しい」とコメントしていた。


アニメ『シャドーハウス』エンディング曲の『ないない』からスタートし、今月発売されたばかりのゲーム『月姫 -A piece of blue glass moon-』主題歌の『生命線』を、ライブで初披露した。


最後は「たくさんの思い出と出会いをくれた大切な曲」と紹介した、アニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』のオープニング曲『ANIMA』。その選曲に会場のファンは歓迎の拍手を送った。今年3月にオンラインで行われた『アニサマナイト2』ではアコースティックバージョンをしっとりと披露したが、今回は力強い歌声で、その世界観に引き込んだ。



今年で16回目となる『Animelo Summer Live』は、アニソン界の人気アーティストが一堂に会する世界最大規模のアニソンイベントで、通称「アニサマ」。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となったため、2年越しの実施となった。毎年1日2万7000人、3日間で8万超人を動員しているが、行政・会場からのイベント入場制限に従い、今年の観客数は各日5000人。ライブ中の声出しなどは禁止で、ソーシャルディスタンスの徹底、入退場を時間差にするなど感染対策を徹底した上で行う。


©Animelo Summer Live 2021



関連リンク

  • 8/29 22:50
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます