コロナ感染で急死の多歌介さん「ワクチンやめたほうがいい」と 弟弟子・鬼丸が取材に無念語る

拡大画像を見る

 落語家の三遊亭多歌介さんが27日、新型コロナウイルス感染症のため死去した。東京都出身、54歳。落語協会事務局が29日に公表した。家族も現在療養中で、通夜・告別式については未定。

 弟弟子の三遊亭鬼丸はデイリースポーツの取材に対し、「痛風がひどいことは知ってたんですが、基礎疾患とか大きな病気はなかったので驚きました」と語った。

 鬼丸はワクチン接種に慎重な意見があることも理解しつつ、多歌介さんからも「ワクチンが危険」との考えを聞かされたことがあるとし「コロナは風邪だって言ってたくらい。僕にもやめた方がいいよというくらいの勢いで、7月の時点ではワクチンは打たないと断言されてました」と話した。

 多歌介さんの人柄について「同門のみんなから愛されていました。すごくお母さん思いで、家を建ててあげたりしてた方だったんで」と悼んだ。最後の対面もできないといい「悲しいというより、驚き。やっぱり、どこか信じられない思いが強いですね」と語った。

関連リンク

  • 8/29 18:55
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

18
  • 「自業自得」ってコメントしてるキチガイが居て驚いた❗

  • てにをはの一つでも偏向報道はできる。 報道は正確にするべきだと思います。

  • ***

    8/31 13:07

    ワクチン否定て感染死亡、まぁワクチンは打つのも打たないのも自由になってるし。好きにそさたら良い。

記事の無断転載を禁じます