浅丘ルリ子、女優一筋も唯一の悔い 声震わせ「1人でもいいから子供がほしかった」

拡大画像を見る

 女優の浅丘ルリ子(81)が29日、フジテレビ系で放送された「ボクらの時代」に出演し「子供がほしかった」と赤裸々に思いを明かした。

 この日はテレビ朝日系ドラマ「やすらぎの郷」で共演した女優・風吹ジュン(69)、草刈民代(56)とのトーク。浅丘から「もう、お母さん役やってる」と尋ねられた風吹は「お母さん超えました。おばあちゃん(役)です」。続けて「実際、おばあちゃんですし。4人、孫がおりますので」とはにかんだ。

 ここで浅丘は「いいなー」としみじみ。うつむきながら「あたし、1人だけでもいいから子供がほしかった。それだけが悔やまれてならない」と告白した。風吹に「悔やみますか?」とあらためて尋ねられると「悔やんでます」と言い切った。

 風吹は「そういう生き方もすてきだなって」と肯定した。浅丘は「本っ当に女優一筋だから。ほかのこと何もやってないから『何だろう、これは』と思って。66年ですけど、この世界に入って。本当に波瀾(はらん)万丈っていうのが全然ないんです」と順調すぎる女優人生を振り返った。

 「14歳から、とっても何かうまい具合に来させていただいたんですね。それがなんて幸せなんでしょうと思って。だから私生活の中で、一番残念なのは1人でもいいから子供がほしかったな…」とわずかに声を震わせながら語った。

 また、元夫の俳優・石坂浩二からは、1971年に結婚した時に「あなたは家庭に入ることはいいです。女優を続けてください」と言われたことも告白。「それがなんてうれしかったことか」と回顧した。結局、石坂とは離婚したが「あの方にはいっぱい、いろんなことを教えていただいたから『結婚して本当に良かった』って」と感謝の思いを明かした。

 草刈は収録時に撮影した3ショットを自身のインスタグラムに掲載。「いろんなお話をさせていただき、とても楽しい時間となりました!私一人、大女(笑笑)」とおちゃめにコメントしている。

関連リンク

  • 8/29 14:55
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ソフィア

    8/30 12:27

    その気になれば養子を取ることも出来るくらい稼いでるのにしなかったワケだし、結局後の祭り。

記事の無断転載を禁じます