Netflix『わかっていても』で注目!“今旬”韓流俳優、ソン・ガンの素顔と気になる次回作は?

拡大画像を見る

 今夏、ネットフリックスでトップ10にランクインしている韓国ドラマ『わかっていても』。ドラマの人気とともに、ヒロインのナビの恋の相手役を演じている若手俳優ソン・ガン(27)に注目が集まっている。甘くてセクシーなルックスと大きな瞳が印象的なソン・ガン、そのデビューからこれまでの経歴を振り返ってみよう。

「ソン・ガンのデビューは2017年のドラマ『カノジョは嘘を愛しすぎてる』です。しかし、じつはそれ以前、高校生の頃から何度もアイドルグループのスカウトを受けていたそうです。ただ、彼自身はアイドルになる気はなくて、すべて断っていたとのこと。そもそも人見知りだったそうです。

 そんな彼を変えたのが、20歳の時に観た映画『タイタニック』です。主演のレオナルド・ディカプリオ(46)の眼差しの演技に惹かれ、俳優を夢見るようになります。いまでも、ソン・ガンは演じるときに、目の演技にこだわっているそうです」(韓流情報誌『韓国TVドラマガイド』編集部)

■900倍のオーディションを勝ち抜いた『恋するアプリ LOVE ALARM』

 ソン・ガンはデビュー翌年にSBS芸能大賞男子新人賞を受賞するなど、早くから業界の注目を集める。そして、ターニングポイントとなったのは、2019年のウェブドラマ『恋するアプリ LOVE ALARM』シリーズだ。

「ソン・ガンは約900倍のオーディションを勝ち抜いて、『恋するアプリ』のファン・ソノ役を射止め、10代の視聴者層を中心に人気を得ていきます。実は前年2018年からSBSの人気音楽番組『人気歌謡』でSEVENTEENのミンギュ(24)、DIAのチェヨン(23)とともにMCを務めていたのですが、ドラマの撮影が忙しくなって8か月ほどで降板しました。そのくらい、このドラマと俳優の仕事に懸けていたのでしょう」(同編集部)

 その後、ソン・ガンは『Sweet Home−俺と世界の絶望−』、『ナビレラ−それでも蝶を舞う−』、そして今夏注目作の『わかっていても』と、この2年間にネットフリックスオリジナル作品への出演が続いて、一気にブレイク。“ネットフリックスの息子”と呼ばれている。

「途切れることなくキャスティングされていることから、彼がドラマの制作スタッフや関係者から信頼されて、愛されていることがわかります」(同編集部)

■誠実でひたむき、スタッフの信頼感も厚いソン・ガン

『韓国TVドラマガイド』最新号では、ソン・ガンにメールインタビューを行っている。コロナ禍でなかなか現地での対面取材が叶わない中、メールインタビューはスターの素顔に迫る貴重な機会だ。

「メールインタビューは取材相手からの回答が淡白になりがちなのですが、ソン・ガンからはしっかり長めの回答が返ってきて、その誠実さが伝わってきました。また、顔文字もところどころにあったりして、飾らない愛らしい性格だという印象も受けました。

 インタビューでは、自身の分析について「よく笑う」というエピソードもありました。ドラマ『わかっていても』のクールでミステリアスなキャラとイメージが正反対なので、素顔が垣間見えて興味深かったです。

 また、インタビューを通じて、演じる役をどれだけ大切にしているか、どれだけ同化して演じているかというひたむきな姿勢が伝わってきました。『ナビレラ』で演じていたバレエダンサーのチェロクにも通じるものがあります。こういった真摯なところも、制作スタッフに信頼されている要因でしょう」(同編集部)

■ソン・ガン次回作は初のサラリーマン役でラブコメ女王と共演

 ドラマ『わかっていても』も佳境に入り盛り上がっているところだが、ソン・ガンの次回出演作も気になるところだ。

「実年齢より若い学生役のイメージが強いソン・ガンですが、次回出演予定作『気象庁の人々: 社内恋愛残酷史編』では、初のサラリーマン役にキャスティングされています。気象庁で働く人々を主人公にしたオフィスロマンスで、ソン・ガンは、IQ150だけど、天気にしか関心がない予報士という役どころだそうです。

 相手役のヒロインには、『キム秘書はいったい、なぜ?』でパク・ソジュンの秘書をコミカルに演じた“ラブコメ女王”のパク・ミニョン(35)が決定しています。このキャスティングだけで、面白さは保証されたようなものです。

 さらに、演出は2020年の百想芸術大賞で『愛の不時着』や『梨泰院クラスを』抑えて大賞を受賞した『椿の花咲く頃』のチャ・ヨンフン監督で、良作を届けるスタッフ陣です。2022年上半期に放送予定ということで、期待が高まります」

 発売中の『韓国TVドラマガイド』96号では、文中で紹介したソン・ガンの貴重なメールインタビューの内容を、グラビア写真とともに巻頭特集で掲載している。ぜひ、彼の素顔の魅力を感じてほしい。

関連リンク

  • 8/29 10:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます