OLと二刀流のクール美人 松本華恋、攻め攻めハイレグ衣装に戸惑い

拡大画像を見る

現役OLでありながらグラビア界に進出、撮影会ではすでにその評判は高く、クールな眼差しの相当な美人、さらに身長170cmの高身長がたまらない松本華恋のデビューDVD『かれん』(イーネット・フロンティア)がリリースされ、記念イベントが東京・書泉ブックタワーで開催された。


黒のセクシーな水着で登場した松本は「胸の下のクロスの部分がポイントで、攻めている水着を選びました」とコメント。出来上がった作品を手にした感想は「攻めた感じに見えますね。友達からも「わーヤバい」って言われました(笑)。じつはグラビアのことは両親に隠しています」と明かした。


都内と山梨で撮影された今作は、松本がチャプターごとに様々なシチュエーションに挑戦。全編通してイメージショットが楽しめる作品になっている。その中でも一番のお気に入りのシーンは「銭湯に入っているシーンですね。体を洗ったりしました。人前でそういうことをしないので、すごく恥ずかしかったです」と紹介。また、これまでハイレグを着たことがなかったそうで、今作で初挑戦した。「これハイレグって言えるかわかりませんけど、Vレグって言うんですかね。ギリギリのラインでちょっと不安でしたけど、ポロリとかもしないで大丈夫でした」と振り返った。セクシーなシーンについては「夜ベッド黒いセクシーな衣装で誘惑しているという感じです。大人っぽくて私的には一番攻めていると思います。やっていてテンションが上がりました」と胸を張った。


デビュー作を採点してもらうと「かなり攻めて頑張ったので70点です。セリフとか慣れていなくて、そういうところを改善していきたいです。またDVDを出せるなら黒い衣装を中心に悪女みたいな役に挑戦したいです」とアピールした。


今後については「まだ10回もやっていないですけど、いまは撮影会を中心に活動をしています。グラビアでトップとかではなく、まずは撮影会のMVPになりたいです」と謙虚に目を輝かせ、初めてのDVD発売イベントについては、「これまではイベントに出るより観る派だったんですよ。INIというボーイズグループにハマっています。今回は参加される側になったので戸惑っています」と照れ笑いした。

  • 8/29 9:01
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます