鈴木亮平『MER』『孤狼の血』のギャップ凄すぎ!極秘プライベート情報「ノースリーブ好き」と「激似タレント2人の名前」

拡大画像を見る

 8月20日に公開された映画『孤狼の血 LEVEL2』と、7月4日にスタートした連続ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)。鈴木亮平(38)のあまりにすごいギャップ演技が、視聴者を大いに驚かせているという。

「ドラマ『MER』の鈴木は主演で、チーフドクターとしてチームを率いる熱血漢の医師・喜多見幸太を演じています。日曜劇場の主人公らしい正統派の主人公で“理想の上司”と好評です。

 しかし、映画『孤狼の血』の鈴木が演じる暴力団組織の上林組の組長・上林成浩は、映画を見た人が口をそろえて“トラウマ”“怖い”“同じ人に見えない”という感想を、SNSなどに投稿しています」(女性誌記者)

『孤狼の血』の鈴木はただ痩せているのではなく、目に見えて「不健康そうな痩せ方」をしており、それが怖さに拍車をかけていた。「何もかんもぶっ壊れればいいんじゃ」「地獄見せちゃる」というセリフの数々や、ニヤっと笑った表情はまさに背筋も凍らんばかり。

 鈴木といえば、15年の佐藤健主演のドラマ『天皇の料理番』(TBS系)では、病床に伏せる役作りで20キロ減量し、、同年の映画『俺物語!』では巨漢の大男を演じるために、その状態からリバウンドを利用して筋トレと菓子パンを1日10個食べることで、30キロの増量に成功した話など、徹底的な肉体改造で演技に臨む超ストイックな役者として知られている。

「それだけに、インタビューやバラエティ番組での番宣でもトークテーマが肉体改造の話や演技、現場の話などが多く、ファンでも私生活は“世界遺産が大好き”“11年に結婚している”くらいしか知らない人が多い。しかし、実はけっこう天然の部分があることや、キャラクターについて語っていたんですよ」(前同)

■実はサイフや荷物をなくすことが多い

 たとえば、16年5月11日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に出演した際に鈴木は「集中力がありすぎて失敗しがち」というお悩み相談を専門家らに尋ねていた。

「集中力があるのはいいことに思えますが、本当に1つのことしか集中できないタイプらしく、電車に乗って荷物を網棚において本を読み始めると、本に集中してしまい、年4回もの頻度で荷物を忘れるそうです。“これだけ忘れてるんだから、今回は忘れないだろう!”と気張って、結局忘れることの繰り返しだそうです」(前出の女性誌記者)

 また、カフェでトイレに行く際は、ズボンを降ろして邪魔になった財布をトイレットペーパーホルダーの上に置くが、用を足しながら本やスマホを読んでいると、やはり財布を置き忘れてしまうという。「生活費が全部入ったサイフ」を無くしたこともあるという。

「さらに、電車で座っている間にセリフの練習をしているとだんだん熱が入ってしまい、“目の前の人を相手役に見立ててやり始める”うえ、自分の想像以上に大声を出しているせいで、乗客を困惑させ、逃げられてしまうこともあると明かしていました」(前同)

 電車の車内で、目の前で鈴木が突然演技を始めたら、相手にとっては恐怖でしかないだろう。

 生物学評論家の池田清彦氏によると鈴木は男性に多く見られる「脳梁」(右脳と左脳をつないでいる部分)が極端に狭い可能性があり、このタイプは「大失敗もしやすいが、社会的には成功しやすい」そうで、芸術家や役者向きだそうだ。

「ドラマの撮影中にチャックを閉め忘れてしまうのも、珍しい話ではないそうです。鈴木は“2つのことを同時にできない”タイプで、“居酒屋で話している最中にテレビの音がするとそっちを聞いてしまう”“電話中に兄がテレビをつけたら、3分くらい無言になってしまった”という話もしていました。裏を返せば、この驚異的な集中力こそが、鈴木を一流の役者にしたのでしょうね」(前同)

■意外と俗っぽい女性の好み

 ちなみに、先述の『ホンマでっか』でも軽く触れていたが、鈴木は超一流の芸能人になったあとも電車通勤することが多いらしく、SNSでは《通勤電車に鈴木亮平がいた》という目撃談が珍しくないほか、15年の『zakzak』のインタビューには、

「電車は時間が正確ですし、“ふつうの感覚でいる”というのが僕には重要なんです。キチンと地に足をつけて普通の生活をしているのを、芝居の中で出したいんですよね」

 と話していた。しかも、65歳までの人生設計目標を22歳から書きはじめ、毎年3月に微調整しているという。

「好きなタイプも実は意外とわかりやすい。16年の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演した際に、“有楽町駅女子”つまり“丸の内OL”が好きとした鈴木に実際に複数の丸の内OLの写真を見せると、“ノースリーブの上にカーディガン。あれは……ずるいですねぇ”としていました(笑)。

 ちなみに、これも非常に意外ですが“ずん飯尾(飯尾和樹)さんに似てる”とよく言われることを明かしていました。笑福亭鶴瓶(69)の息子である駿河太郎(43)にも、よく間違われたそうです」(専門誌記者)

 そんな鈴木だが、どれだけ凶悪な役を演じても、「素は温厚そう」という不思議な信頼感がある。これについては本人も自覚しており、19年12月11日の『週プレNEWS』のインタビューでは、

「演技でネガティブな感情を発散できているから、日常生活では“いい人ですね”とよく言われます。演技していない期間が長くなると、心に黒いものが交ざっていくのがわかるんです」

 と、話している。

 多くの要素を演技力に昇華し、さらにそれが人柄の良さにも生かされている俳優・鈴木亮平。どこまでも、役者街道を突き進んでいただきたいーー。

関連リンク

  • 8/29 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます