『鉄腕ダッシュ』の「森本慎太郎・岸優太」と草間リチャードの!深刻格差「TOKIOの原点」と「丸太水落」

拡大画像を見る

 8月15日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!(鉄腕ダッシュ)』(日本テレビ系)では、城島茂(50)による番組恒例行事の『DASH島』での相撲行事と、福島DASH村からわずか5キロの葛尾村で行われた田植え企画の二本立てだったが、ここで後輩ジャニーズたちの思わぬ格差が明らかになった。

「現在の『鉄腕ダッシュ』はTOKIOのベテラン化もあり、King&Princeの岸優太(25)、SixTONESの森本慎太郎(24)、そして関西ジャニーズJr.内ユニットAぇ!groupの草間リチャード敬太(25)の3人にTOKIOが“保護者”をやる方向性にシフトしていますが、今回は田植え企画で岸と森本の有望ぶりが、あらためて明らかとなったんです」(制作会社関係者)

 この日の放送では国分太一(46)が岸と一緒に無農薬農薬の材料調達の過程で「1回やってみない?」と、人気企画だが交渉に失敗すると本気で相手に怒られるリスクも高いことで知られる『0円食堂』の練習を促す場面があった。

「これに岸は“いいんですか!”と即答したんです。これにはフった国分も“えーっていうかと思った”と、やる気に感心していました。

 結局、岸は緊張のあまり店名が『嵐が丘』だったことにちなんだ国分の“嵐の後輩のKing&Princeです”というツカミのあいさつをすっかり忘れて“ちょっと、僕は、あの、岸というもので……”としどろもどろでしたが、相手が優しい老婦人だったこともあり、どうにかOKをもらえました。チャレンジ精神そのものは、立派でした」(前同)

 ちなみに、国分は非常にスムーズな世間話をしたりお店のご主人は国分を見て一発で「TOKIO?」と言われたりと、あらためて先輩の貫録を見せつけた。その後2人で農薬を作る場面は、まるで親子のようなほほえましさもあり実に和気あいあいとしていた。

■森本と岸のコンビが好評

 その後、別の日に撮影した、城島、森本、岸の3人が田んぼを訪れた際の様子が放送された。森本は伸びた稲を見て「田植え直後と比べて光景が変わると感動しますね」と、若き日のTOKIOも味わっただろう喜びをひしひしと感じていた。

「しかし、稲は背が高く、細すぎると風に弱くなってしまう。そこで城島がわざとストレスを与えることで稲は強く育つと解説し、田にロープを張って稲を撫でていくことに。

 そこで城島は、かつては城島自身が00年に三瓶明雄さんから培った、2本の藁をねじって縄にする“もじり”(※福島弁でねじるを意味する)を岸と森本に伝授したんです」(専門誌記者)

 最初は森本がうまくできず「独自のやり方で行こう!」としたがあえなく失敗。これに対して、昨年に国分に学んでいたほか、岸は非常に手際が良く藁をもじることに成功し、「慎ちゃん、こっち来る?」「やってみて」とコツをレクチャー。最初こそ、「お前に華持たせたんだよ」としていた森本も、最後は「悔しいのが、岸の教え方がうまいんですよね」と岸の指導力の高さを素直に認めており、実にいいコンビネーションだった。

「さらに城島は、なんと2011年の東日本大震災で帰還困難区域となってしまったDASH村を10年ぶりに訪れる際、森本と岸も同行させていました。“TOKIOの原点”に連れていく。これは完全に2人を後継者に認定しているからこそ、ですよね」(前同)

■岸と森本が順調な一方で……

 このように、岸と森本が順調に後継者の道を歩んでいる一方で、ここのところリチャードの扱いには変化がみられるという。

「草間は、DASH島のサポートがメインのためか、田植え企画は参加できておらず、しかも特に今回行われた島恒例の海辺に土俵を作って行う七夕相撲企画では、非常に雑な扱いを受けてしまったんです」(前出の専門誌記者)

 コロナ禍のため、通常の相撲はソーシャルディスタンス的に無理と判断した城島は、まず古本で仕入れた平安時代の「耳で紐を引きあう」遊戯の耳引きを提案。リチャードと城島でリハーサルしたが、顔芸の要素が強すぎるためボツとなった。

「結局、丸太を押し合って相撲をする“丸太押し相撲”をすることになったんですが、勢い余って外野にいたリチャードの方向に丸太ごと城島が突っ込んでしまい、巻き添えで落水してしまったんです。唐突過ぎて“何が起こったの?”とリチャードは困惑していました(笑)」(前同)

 7月4日放送の『DASH島』でもリチャードはムラソイの切り身を食べて「なんやろ? 俺、これ食べたことある味です。ああ、なんなんやろ」と言いつつも、結局、「分かんないです」という結論の残念すぎる食レポを披露したあげく、カワハギの肝を「無理そ~!」と悲鳴をあげた上に食べないで刺身に逃げるという行動をしてしまったのは記憶に新しい。

「食べたうえで“やっぱりダメだった”ならまだしもチャレンジすらしないのは……。食育の観点からも評価の高い鉄腕ダッシュで、あの発言はマズいですよね。こういう部分が岸や森本に比べるとまだまだかな、と感じます。

 Aぇ!groupはなにわ男子と同じ関西Jr.でも上位の人気グループでしたが、今年7月28日になにわ男子はCDデビューが決定しているし、草間自身もこれまで以上に気を引き締めねば、と感じているとは思いますけどね」(前同)

 森本も、DASH初登場時は“Jr.のシンタロー”だった。草間にも、これからの巻き返しに期待したいーー。

関連リンク

  • 8/29 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます