離婚後初公の場有村昆さっそく自虐ネタ!1シーン出演映画「あわやお蔵入りに」

拡大画像を見る

 映画コメンテーターの有村昆(45)が28日、都内で行われた俳優・日向野祥(30)の主演映画「遊星王子2021」の舞台あいさつで司会を務めた。7月にフリーキャスターの丸岡いずみ(50)と離婚して以来、初の公の場。映画に1シーンだけ出演しており「あわやお蔵入りになるとか、いろいろありましたけども」と自身の不倫騒動を自虐ネタにする一幕もあった。

 5月にラブホテル密会を報じられ、芸能活動を自粛。テレビやラジオのレギュラー5番組をすべて降板した。16日のフジテレビ系「バイキングMORE」に生出演して謝罪。仕事復帰していた。

 映画は昭和33年に放送された、日本初の宇宙人ヒーロードラマのリブート作品。全身青タイツの遊星王子を意識して青いシャツに青いネクタイ姿の有村は落ち着いた司会ぶりを見せた。去り際に「離婚後の心境は?」と声をかけられると「ありがとうございます」と頭を下げていた。

関連リンク

  • 8/29 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます