三浦翔平、子どもの名前の付け方を明かす スタジオ驚きの声

【モデルプレス=2021/08/28】俳優の三浦翔平が、27日放送のABEMAオリジナル恋愛モキュメンタリー番組「私たち結婚しました」(毎週金曜23時配信)に出演。子どもに名前をつけた際のエピソードを明かした。

◆三浦翔平、子どもの名前の付け方を明かす「本当にたまたま…」

「もしも有名芸能人同士が結婚したら…」という想定で2組の有名人カップルの“結婚生活”を映し出す同番組。スタジオでは、三浦と、お笑いコンビ・千鳥のノブ、モデルの河北麻友子がその模様を見守る。

スタジオトークでは、子どもの名付け方が話題に。2018年に女優の桐谷美玲と結婚し、昨年第1子長男が誕生した三浦は、我が子に名付けた際を振り返り、「うちは何個かパターンがあって、産まれてからもまだ決まってなくて。何個かあるうちに(候補の名前で)声かけしたら、その名前の時にチビが手を挙げたんですよ。本当にたまたま。それで、『じゃあこれじゃない?』と」と明かし、2人を驚かせた。

一方、今年1月に結婚した河北は、将来の我が子の名前について「結構考えたりします」と語り、「2人で(子どもの名前を)決めていきたいタイプ?」と聞かれると、「9割こちらで。言うならば10割」と答えて笑いを誘った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 8/28 15:32
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます