もう赤ちゃんはいない…守れなかった自分を責めてしまう【大事な我が子を産むまで Vol.10】

今回の内容は、辛い描写があります。不安を感じる方は閲覧をお控えください。■前回のあらすじ
出てきたのは赤ちゃんでした…。流産してしまったことを夫と母に報告。すると心配した母はすぐに電話をくれて…。

■赤ちゃんを守れなかったと自分を責める









進行する流産は止められないとわかっていても、ああすれば良かった、こうすれば良かったと自分を責めてしまいます。

本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/28 12:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます