新型コロナ感染のゆきぽよ、自宅療養終了を報告「ほんとに恐ろしい」現在は「嗅覚が弱くなっている」

【モデルプレス=2021/08/28】新型コロナウイルス感染を公表していたモデルでタレントの“ゆきぽよ”こと木村有希が27日、自身のInstagramストーリーにて、自宅療養が終了したことを報告した。

◆ゆきぽよ、自宅療養終了を報告

ゆきぽよは「保健所より御指導頂き、療養生活を続けて、26日自宅療養終了致しました」と報告し、「ご心配、ご迷惑をおかけしました事をお詫び申し上げます。また、気を引き締めて感染予防対策を行っていきます」とした。

さらに、「ご心配のメッセージありがとうございます。皆からDMでとても救われました」とファンに感謝。症状については「私の場合幸い軽症で最初の2日間は発熱、咳がありました」と説明。現在は「今は味覚はあるけれど嗅覚が弱くなっていて、コロナってほんとに恐ろしいなと実感しています」とつづり、「ワクチン怖かったけどコロナになる方が恐ろしいので予約取れ次第絶対ワクチン打ってもらう!!」と明かした。

◆ゆきぽよ、コロナ陽性で療養

ゆきぽよは今月19日に所属事務所が、8月15日深夜に発熱し、翌日PCR検査を受けた結果、陽性と診断されたことを発表した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 8/28 10:29
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます