嵐・大野智、逝去メリー喜多川さんにも叱責されていた「絶対に辞められない」日焼け釣り!元恋人シンママ流出動画でもレクチャーを…!!

拡大画像を見る

 ジャニーズ事務所の名誉会長でメリー喜多川として知られた、藤島メリー泰子(ふじしま・めりー・やすこ)氏が、8月14日に肺炎のため都内の病院で逝去した。93歳だった。

 東山紀之(54)をはじめ、元SMAPの木村拓哉(48)、さらにジャニーズ事務所を退所した田原俊彦(60)、近藤真彦(57)など、多くのタレントがメリー氏への追悼コメントを発表。

 8月18日、嵐の松本潤(37)も事務所を通じて追悼メッセージを寄せた。

「コロナ禍においてなかなか会う事ができない中、たまたま会えたのはひと月前。あんなに元気だったメリーさんがとビックリしています」と突然の訃報に驚いた、と心境を明かす。

「今思い浮かぶのは2014年。嵐が15周年の時、ハワイで一緒に過ごす事ができた数日間です。他にも、思い出すだけで温かい気持ちになる思い出がたくさんあります」と振り返り、「激動の時代の中を生き、ジャニーズという存在を支え続けてきたメリーさん。ありがとうございました。天国でジャニーさんに会えたらいいね! また一緒にお酒飲みましょう!!」と呼びかけた。

 メリー氏の訃報を受けて、多くの週刊誌でもメリー氏に関する記事を掲載。8月24日発売の『女性自身』(光文社)では、メリー氏は生活態度がよくないタレントを呼び出して、叱責することもあったと伝えている。

 そんなメリー氏にとって特に思い入れの強いグループが、娘でジャニーズ事務所社長の藤島ジュリー景子氏とともに手掛けた嵐だったという。

 櫻井翔(39)が学業と仕事を両立して慶應大学を卒業することができたのも、メリー氏による配慮があったためで、それ以降、大卒のジャニーズアイドルも増えていったという。

「現在はいっさいの芸能活動を休止している大野智(40)もメリー氏に気に入られていたタレントの1人で、過去には日焼けについて大野を叱ったこともあったといいます」(女性誌記者)

■メリー喜多川氏から「日焼けは絶対にダメ!」叱責

 それまでも、大野は趣味の海釣り行くたびに日焼けして帰ってくることがあり、ドラマのつながりが不自然になってしまうことがあった。そのことをマネージャーやドラマの制作サイドからやんわり注意されることもあったものの、大野自身は気にしていなかったという。

「ところが、メリー氏から制作サイドや視聴者にも迷惑をかけるから“日焼けは絶対にダメ!”と叱責を受けて以降、大野はしっかりと日焼け止めを塗るようになったといいます。大野の日焼けは当時から有名で、大野自身や嵐のメンバーもネタにしていましたが、メリー氏も彼の日焼けを注意していたんですね」(前出の女性誌記者)

 2019年8月の『バゲット』(日本テレビ系)に出演した大野は、自身の「釣り伝説」について語っており、「釣りをしすぎて事務所から厳重注意」という噂について「本当」だとし、10年ほど前「日焼けを気にせず釣りばっかしてたら事務所に“他のメンバー4人は白いのに1人だけ黒いと雑誌でバランスが悪い”って」と注意を受けたと明かしている。

 また、2020年12月の『櫻井・有吉THE夜会SP』に出演した際には、2008年放送の大野にとって初の主演ドラマ『魔王』(ともにTBS系)での“日焼け問題”が実際に検証されることに。

 これは、大野が撮影の合間に釣りをしてしまったため、同じ第2話の中で顔が色白から小麦色に変わってしまったという問題で、番組では比較写真も紹介。

 番組MCの有吉弘行(47)も、当時の大野が肌のケアにまったく気を遣っていなかったと振り返り、「会うとすごく焼けててさ、もう古い旅館かなってくらいボロボロだった」とコメントし、スタジオの笑いを誘った。

 また、日焼けを気にした大野が顔に白いメイクを施したものの、元の肌の色のようにはならず「青いゾンビみたいになった」というエピソードを櫻井が披露。こちらも2009年に放送された『うたばん』(TBS系)出演時の映像が紹介され、出演者からは爆笑が起こった。

「ドラマ『魔王』は大野と生田斗真(36)のダブル主演でしたが、その生田からも“釣りに行かないで”と言われていたそうですが、我慢できずに行ってしまったそうですからね」(女性誌ライター)

■「潤が白すぎるのか大野さんが黒すぎるのか」

 2010年7月放送のラジオ番組『ARASHI DISCOVERY』(FMヨコハマ)で、大野はドラマのクランクアップ後に沖縄旅行を満喫したと語っている。

 ホテル前のビーチで日なたぼっこした際には、しっかりと日焼け止めクリームを塗って対策をしていたというが、「下半身だけ塗んなくて2時間ぐらい日なたぼっこしてたらね。2時間後、足が真っ赤になったの。ホテルに戻ってシャワー浴びたんだけど、痛かった~(笑)」と苦笑しつつ振り返っていた。

「このときもしっかり日焼けしたことをメンバーにツッコまれたそうですが、大野は“顔が真っ白になるぐらい(日焼け止めを)塗ったのに日焼けしたから、しょうがないんだ”と、開き直りとも思える態度だったといますからね(笑)」(前出の女性誌ライター)

 大野の日焼けは活動休止ラストイヤーの2020年の段階でも健在で、大野は松本ともに同年4月に千葉・成田空港で行なわれたJAL新特別塗装機「ARASHI HAWAII JET」のお披露目会に登壇。

 アロハシャツ姿で登場した大野と松本を目にした嵐ファンからは、「アロハシャツ着る潤くんめちゃくちゃに可愛いけど大野くんの黒さがアロハには似合うね(笑)」「これ潤が白すぎるのか大野さんが黒すぎるのかわからない(笑)」「え、智焼けた?(笑) 潤くんが白すぎるの?」といった声が上がった。

■「相葉ちゃん、ちょっと黒くなってくれない?」

 相葉雅紀(38)が大野の日焼けについて語る場面もあった。

 2月11日放送の『VS魂』(フジテレビ系)に登場した相葉はパーマをかけたばかりだとし、「嵐時代は5人のバランスがあるんです。だから松潤が髪の毛を明るくしたいっていうときに“ちょっと相葉くん。悪いんだけど、一緒に髪明るくしてくれない?”っていう契約があったの。“いいよ。俺も明るくするよ”とかあったの。今回は契約が終わったからパーマをかけたんです」と告白。

 これに出演者が驚くと「肌の色もあって」と続け、「リーダー(大野)がすごく黒くなった時期があって。“相葉ちゃん、ちょっと黒くなってくれない?”って。“わかりました”と応じて、ちょっと日に焼いたこともある」というやりとりがあったと明かした。

 出演者から「大野くんが焼けた黒を際立たせないってこと?」と質問が上がると、「そうそう。グラデーションみたいにするという契約もあった」と応じたのだ。

「松本が髪を染めるときも、大野が日焼けしてしまったときも、なぜか相葉が犠牲になっていたわけですが、特に大野は海釣りが好き過ぎて、日焼けを繰り返していたということですよね。

 海釣りといえば7月7日、昨年11月の『週刊文春』(文藝春秋)で6年にわたって交際していたことが報じられたシングルマザーのA子さんだと思われる女性に、大野が満面の笑みで海釣りをレクチャーする動画が流出したことも記憶に新しいところ。

 それだけ、大野にとって海釣りは生涯を通じて楽しめる趣味だということなのではないでしょうか」(前出の女性誌ライター)

 メリー氏に日焼けを叱責されたという大野だが、今ではそれもいい思い出になっているのかもしれない。

関連リンク

  • 8/28 7:55
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます