元フジ露木茂アナ 腎臓がんだった 「徹子の部屋」で初告白 昨年5月に左腎臓全摘

拡大画像を見る

 元フジテレビでフリーアナウンサーの露木茂(80)が、27日に放送されたテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜、後1・00)で、昨春、腎臓がんが見つかり、手術で左腎臓を摘出したことを初めて明らかにした。結婚57年を迎えた元テレビ朝日アナウンサーの妻・和子さんと出演。「自分の個人的なことはあまり(話を)するつもりはなかった」と、公表しなかった理由を説明した。

 露木は昨春、虫垂炎の手術で入院。退院前日、念のためにとCTスキャンを撮ったところ、腎臓の辺りに腫瘍があり、その後、腎臓がんと判明した。病室が空くのを待って、昨年5月に入院。「左の腎臓を全部取りました」と穏やかに明かした。8時間に及ぶ手術だったという。

 昨年3月にはタレントの志村けんさん、同4月には女優の岡江久美子さん、同5月には外交評論家の岡本行夫さんが新型コロナウイルスのために相次いで死去。「一緒に仕事した人やお知り合いの人が続々、コロナで亡くなっていくので…、あれは嫌なもんですね。入院しててニュースを聞くのは」と当時の心境を振り返った。

 また、コロナ感染の恐怖と戦いながらの入院は「ひょっとすると大変なことになるかもしれない」と不安だったとも打ち明けた。

 術後は体重が10キロほど減ってしまい、「去年の今頃はヨタヨタしてました」という露木だが、「転移もないし、今は(手術)前に戻ったかな。何とか回復しました」と、笑顔で報告していた。

 ◆露木茂(つゆき・しげる)1940年12月6日生まれ、東京都出身。早大卒。63年、フジテレビ入社。「小川宏ショー」(65~82年)、「スーパータイム」(92~97年)、「報道2001」(97~2000年)などに出演し、00年に定年退職。02年からフリー。主な受賞にギャラクシー大賞テレビ大賞など。著書に「背広を脱いで」などがある。

関連リンク

  • 8/28 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます