柔道・大野将平 五輪後テレビ初出演で涙の理由激白、小籔は陸上100Mで五輪出場?

拡大画像を見る

 柔道男子73キロ級で金メダルを獲得した大野将平が、28日に放送される関西テレビ「こやぶる SPORTS超 金メダリスト激白SP 五輪後初出演!柔道大野涙の理由」(関西ローカル、午後3時57分~)にゲスト出演する。

 五輪後、初のテレビ出演となった大野が、MCの小籔千豊と2ショット対談。延期となり、開催中止も危ぶまれた五輪前の葛藤や連覇の重圧、「怖かった」という五輪当日の舞台裏など、語ることのなかった全てを明かし、涙の理由も告白する。

 また、新競技スケートボードからは、13歳の西矢椛(スケートボード女子ストリート金メダル)と、19歳の四十住さくら(スケートボード女子パーク金メダル)が出演。また、ソフトボールで金メダルを獲得したエース・上野由岐子は、13年越しのオリンピック連覇達成で、ここだけの裏話や上野が一番ぶるッとした1球を明かす。

 他にも、オリンピック5大会連続出場の日本アーチェリー界のレジェンド・古川高晴や、VTRでは、卓球で金・銀・銅3つのメダルを獲得した伊藤美誠も登場し、裏話を激白する。

 収録後、小籔は「運動能力が高い人たちがオリンピック選手になってるのかなって思ったんですけども、そうじゃなくて心というか…。競技に対しての向き合い方とか、自分に対しての向き合い方、夢をかなえるために何をするべきかみたいなんを理解して、ちゃんとそれを積み重ねられる人が一流アスリートなんやなって」とコメント。

 続けて、もし日本代表としてオリンピックに出場できるなら?という問いに「陸上100メートル」と即答。「僕が必死で走ってるところがテレビに映ったら、みんな笑うやろなって。僕が必死でバーって走って、海外の選手バーっと抜いていったら、みんなめちゃくちゃ笑うと思うんですよ。まあ、オリンピック出られるんだったらどんな競技でもいいです」と笑わせながら、夢を語っていた。

関連リンク

  • 8/28 5:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます