【サマーセール5日目】最高価格はシニスターミニスター産駒、スピナッチの2020が2500万円

 5日間で上場頭数1千頭を超える国内最大規模のサラブレッド1歳市場「2021北海道市場サマーセール」の5日目が27日、北海道新ひだか町の北海道市場で新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じて開催された。

 5日目の結果は、1歳馬249頭が上場され(欠場12頭)、うち175頭(牡馬106頭、牝馬69頭)が落札。売却率は70.28%で、売却総額は9億9950万円(以下、金額は全て税抜で表記)だった。

 最高落札額は「スピナッチの2020」(牡、父シニスターミニスター)を2500万円で、落合幸弘氏が落札した。

 2番目の高額馬は「マチャプチャレの2020」(牝、父リアルインパクト)を2400万円で(株)ニッシンホールディングスが、3番目の高額馬は「ラストワルツの2020」(牝、父モーリス)を1800万円で三木正浩氏がそれぞれ落札している。

 その他では、「ヴェルサイユパークの2020」(牡、父スマートファルコン)を1600万円で(株)カナヤマホールディングスが、「メイクデュースの2020」(牝、父ディーマジェスティ)を1250万円で(有)ノルマンディーファームが落札している。

関連リンク

  • 8/27 21:11
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます