マイナスオーラ出してない?「我慢しちゃうイイ人」が陥りがちな過ちとは…

普段から自分の意見は発言せず我慢しがち……と自分の欠点に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?

つい我慢してしまう人は、知らず知らずのうちにマイナスオーラを出していることも多いので要注意。
今回は、そんな我慢してしまうイイ人が陥りがちな過ちを見ていきます!

(1)自己主張がうまくできない


我慢してしまう人は、自分の意見を抑えこむ傾向があります。
だからこそいざというときに自己主張がうまくできず、悩んでしまう人は多いもの。

本音ってどうやって伝えるんだっけ……?
といったように、人と本気で向き合うことも最終的にはうまくできなくなってしまいます。

(2)八方美人になりがち


我慢してしまう人は、誰に対してもイイ顔をしようとするもの。
そのせいでいわゆる八方美人になってしまう人は多いです。

八方美人は一部ではよく思われない傾向も強いもの。
よかれと思って我慢を続けた結果、かえって印象を悪くしてしまうことは意外とよくあります。

(3)つまらない人と思われる


我慢してしまう人は、残念ながら周りからはつまらない人と思われがち。
自分の意見や本音を言わないからこそ、友達や彼氏にはつまらないと感じられてしまうんです。

「なんでもいいよ」「〇〇に合わせる」といった言葉が多くなり、それがつまらないと思われる原因になります。

(4)作りものの笑顔が増える


我慢してしまう人には、作りものの笑顔が増えることも多いです。
常に他人を優先して我慢しているからこそ、ムリに笑うことが増えてしまうのでしょう。

いわゆる「目が笑っていない」状態になることもしばしば。
他人を優先して我慢することに慣れすぎていると、ときには笑顔が怖いなんて思われることも……。


意外とやってしまいがちな、我慢することで自分の印象をよくしようとする処世術。
ですがそんな状態を続けていると、残念ながら逆効果になることは多いもの。

私って我慢しすぎなのかな……と思ったら、以上のような状態に陥っていないかチェックしてみてくださいね!

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/27 21:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます