マンUもC・ロナウド獲得レースに参戦! 移籍実現なら約12年ぶりの復帰

拡大画像を見る

 今夏のユヴェントス退団が濃厚とされるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得に、マンチェスター・Uも動き出したようだ。27日、イギリスメディア『トークスポーツ』などが報じた。

 C・ロナウドは今夏のユヴェントス退団を希望しており、マッシミリアーノ・アッレグリ監督も27日の会見でそのことを明言。有力な移籍先にはマンチェスター・Cが挙げられていたが、同クラブは獲得から撤退したと見られている。そんななか、古巣マンチェスター・UがC・ロナウドの獲得に本腰を入れているようだ。

 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、マンチェスター・Uは現地時間26日の夜から、C・ロナウドの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏と直接的なコンタクトを取っている。クラブの上層部は現在、C・ロナウドに提示する年俸やユヴェントスへのオファー金額などを調整しており、まもなく正式なオファーがメンデス氏の元に届くようだ。なお、マンチェスター・Uのフランス代表MFポール・ポグバは、現時点でユヴェントスとの交渉材料には含まれていないという。

 現在36歳のC・ロナウドは、2003年夏から2009年夏にかけてマンチェスター・Uに在籍。公式戦通算292試合の出場で118ゴールを挙げ、3度のプレミアリーグ制覇や2007-08シーズンのチャンピオンズリーグ優勝に貢献した。また、2008年には自身初のバロンドール受賞も経験している。

 なお、現在マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は、2007年夏に引退するまでC・ロナウドの同僚だった。27日の記者会見でC・ロナウドについて聞かれた同監督は、「私たちは常によいコミュニケーションを取っている。ブルーノ(・フェルナンデス)が彼とよく話をしていることも知っているよ。彼は私たちが彼をどう思っているか知っているし、ユヴェントスを去ることになったとしても、彼は私たちがここにいることを知っている」と、加入に歓迎の姿勢を示している。

関連リンク

  • 8/27 22:42
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます