事務所が激怒した有村架純「力士交際報道」その舞台ウラ

拡大画像を見る

 7月27日、女優の有村架純(28)の所属事務所が一部記事の熱愛報道について、オフィシャルサイトを通して抗議した。この記事は「新小結・明生と『かわいがり愛』」との見出しで、有村と大相撲の新小結・明生(26)について書かれたものだった。

※動画は「taishu.jp」で

 この有村サイドの抗議について、このほど大人気企画『日刊大衆プレゼンツ 芸能ぶっちゃけ座談会』で徹底分析された。

 座談会では、そもそも相撲界において使われる「かわいがり」という言葉がどういう意味なのかということについて、また実際の記事の「あまりにもな内容」について、さらに今回の件で「一番かわいそうな人物」についても話はおよび、白熱のトークが展開された。

 出演は、女優の風谷南友さん、芸能リポーターの佐々木博之氏、またメディアジャーナリストの浦憲三氏が音声のみで参加し、司会と進行をAKB48の論客として知られる芸能評論家の三杉武氏がつとめた。

 その気になる内容については、以下の動画でぜひご確認を!

https://youtu.be/Lqt24uFF_Sw

関連リンク

  • 8/27 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます