「JCミスコン2021」西日本Bブロック候補者公開 投票スタート<日本一かわいい女子中学生>

【モデルプレス=2021/08/27】“日本一かわいい女子中学生”を決める「JCミスコン2021」は27日、『投票サイト powered by モデルプレス』をオープンし、SNS審査をスタート。候補者の写真とプロフィールが公開された。

◆「JCミスコン2021」西日本Bブロック

27日よりオープンした投票サイトでは、全国の候補者を東日本A、B、西日本A、Bの4ブロックに分け、地方予選を実施。SNS審査では各エリアごとに「Twitter投票数」、「モデルプレスアプリ投票数」、「リツイート数」、「ページ閲覧数」、「LINE LIVEポイント数」、「mystaポイント数」「TikTokいいね数」「総合ポイント数」の8項目で審査し、セミファイナリストを決定する。

投票は9月5日(日)20時59分に締切、6日(月)にSNS審査通過者をモデルプレスにて発表する。セミファナリストとして次に進めるのは、東日本A・Bブロック70人、西日本A・Bブロック54人に加え、シードオーディションファイナリスト5人の全129人。その後セミファイナル審査へと進み、ファイナリスト13人を決定予定。

{アプリ投票button|アプリ投票はこちら|2738241|45}
◆「JCミスコン2021」スケジュール

8月27日~9月5日:SNS審査(3次審査) by モデルプレス
9月6日:セミファイナリスト(ベスト129)発表
10月上旬:ファイナリスト発表
11月6日~12月11日:ファイナリスト合宿・ファイナル投票
12月11日:グランプリ発表

※「JCミスコン2021」の問い合わせ
下記「女子高生ミスコン・男子高生ミスターコン」運営メールアドレスまで
info@missmrcon.jp

◆「JCミスコン」とは

今年で5度目の開催となる「JCミスコン」は、「女子高生ミスコン」の姉妹版で、「みんなで選ぶ、日本一かわいい女子中学生」をコンセプトに掲げる“JC= 女子中学生”限定のコンテスト。事務所に所属していない女子高校生であれば誰でも参加することができ、グランプリ受賞者は、大手芸能事務所に所属できる権利を付与されるほか、「JCミスコン」をTV・雑誌等で広く宣伝する、PR大使に任命される。

昨年度グランプリを獲得したJURIは、グランプリ特典として「TEENS専属モデル」に抜てき。

2017年に出場した西川樹里は、モデルプレス賞を受賞。その後、Abemaで配信された人気恋愛リアリティーショー「今日、好きになりました。」に出演し、人気メンバーへと躍進。現在は大手芸能事務所「avex」に所属しながら、女優、モデル、アパレルブランドのプロデュースなど幅広く活躍しており、TEEN世代の憧れの的となっている。

2018年に出場した向葵まるも、コンテスト後に「今日、好きになりました。」に出演して注目を浴び、現在はモデル、アパレルブランドのプロデュース、テレビ出演、YouTube活動などマルチに活躍。そのほか、2019年グランプリの高木凛汐はTEENSモデルとして活躍するなど、多くの次世代スターが誕生している。

◆女子高生ミスコンはセミファイナリストが決定

また、姉妹コンテストの「女子高生ミスコン2021」は、すでに全国のセミファイナリストが決定。12月12日に行われる本戦でグランプリを発表予定である。

グランプリ受賞者は、大手芸能事務所に所属できる権利を付与されるほか、「女子高生ミスコン」をTV・雑誌等で広く宣伝するPR大使に任命される。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 8/27 18:40
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます