一部で移籍間近と報道も…PSG会長、エンバペの放出へ否定的「クラブのスタンスは明確だ」

拡大画像を見る

 パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケライフィ会長が、同クラブに所属するフランス代表FWキリアン・エンバペについて語った。26日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 同日のUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ組み合わせ抽選会に出席したアル・ケライフィ会長は、レアル・マドリードが正式なオファーを提示したと見られているエンバペについて問われた際「クラブのスタンスは明確だ。何も変わっていない。全て一貫性を持っており、我々はこの姿勢を変えることも、今後繰り返し表明することもない」とコメント。一部では移籍の成立が間近とも噂されている同選手の放出に対し、否定的な姿勢を示した。

 また、25日にはPSGのスポーツディレクターを務めるレオナルド氏が、エンバペの退団希望を認めるコメントを公言したが、同会長は「レオナルドは現状と我々の考えを明確に語っただけだ。これまでも今も、PSGは同じ考えであり、それは変わらない」と言及。改めてエンバペ移籍への見解を表明している。

 なお、アル・ケライフィ会長にはユヴェントス所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについての質問も寄せられたが、この件に関しては「C・ロナウドとの契約は議論の対象にすらなっていない」と回答し、獲得の噂を一蹴した。

関連リンク

  • 8/27 14:00
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます