告白するなら今かも!?片想い女子が決意を固める瞬間9パターン

告白は女性にとって一大決心。女性が自分に好意をもっていることに気づいたら、どう対応すれば告白しやすい環境をつくってあげられるのでしょうか。『オトメスゴレン』女性読者の意見をもとに、「片想いしている女性が『今こそ気持ちを伝えるチャンスだ!』と告白を決意する瞬間」を紹介します。

【1】偶然二人きりのシチュエーションになれたとき
「人前で言う勇気がないから、偶然二人きりになれたら今しかないと思う」(20代女性)と、大事な告白は二人きりのときにしたいと考える女性が多いようです。友人同士で遊んでいるとき、あえてみんなから離れてみると女性が話しかけやすいかもしれません。

【2】恋愛話が盛り上がって、お互いの価値観が似ていると感じたとき
「話が盛り上がった勢いで言えそうな気がする。最悪ダメでも冗談にしてやり過ごせそう」(20代女性)と、恋愛話からそのまま告白にもっていこうとする人もいるようです。積極的に恋愛話をもちかけて、告白のチャンスをつくってあげるのもアリでしょう。

【3】目が合ったと思ったら、じっと見つめられたとき
「目が合う=相手も意識しているし、成功する可能性が高いと思うから」(20代女性)と、相手の視線から脈アリかどうかを判断し、告白を決意する人もいるようです。目が合ったらそらさないようにすると、女性の気持ちを後押しできるかもしれません。

【4】「好きな人いるの?」と相手から聞かれたとき
「ごまかそうとすると、かえって変な言葉しかでてこないから…」(10代女性)と、好きな人を聞かれたら思い切ってその場で打ち明けてしまおうと考える人もいるようです。アプローチされていると思う女性に対して、こうしたセリフを投げかけるのもアリでしょう。

【5】会話が止まって、しばらく沈黙が続いたとき
「居心地のいい沈黙を相手も破ろうとしなければ、いける気がする」(20代女性)と、会話が途切れた瞬間、告白のスイッチが入る女性もいるようです。無言が苦手な男性もいますが、女性にとっては告白に欠かせない時間だということを察してあげましょう。

【6】夜の帰り道など、別れる時間が迫ってきたとき
「さすがに帰らなきゃいけない時間になって、名残惜しさから『言っちゃえ!』ってなる」(30代女性)と、タイムリミットが迫るなかで告白を決意する人もいるようです。一緒に歩くときは話がしやすい静かな通りを選んであげるといいかもしれません。

【7】引っ越しや異動、転校などで離ればなれになると知ったとき
「もう会えないからダメでも気まずくないし、言わないと後悔する」(10代女性)と、環境が変わるのをきっかけに告白に踏み込もうとする女性もいるようです。引っ越しや留学などが決まっているときは、急なお知らせでなく事前に伝えておきましょう。

【8】ほかの女性にとられてしまう危険性を感じたとき
「もしほかの人と付き合っちゃったら気持ちを伝えることすらできないから」(20代女性)と、早い者勝ちとまでは言わなくても、ライバルの存在に焦らされる女性もいるようです。別の女性からアプローチされている話を出してみるのもいいかもしれません。

【9】誕生日やクリスマス、バレンタインなどイベントが迫ったとき
「イベントがあると自然と気持ちも高まって告白しやすい」(10代女性)と、世間の浮いたムードも女性にとって告白のきっかけになるようです。誕生日などの大事な日に女性を遊びに誘って、気持ちを試してみるのもアリでしょう。

ほかに、女性はどんな瞬間に「今こそ気持ちを伝えるチャンスだ!」と確信するのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/27 9:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます