宮迫博之、年末のテレビ復帰のオファーも完全消滅…? 各局が“宮迫消し”に走った背景

『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の特番で解散を発表した雨上がり決死隊。ABEMAとYouTube「吉本興業チャンネル」でもその内容が放送されたが、これにテレビ業界で波紋が広がっている。

「宮迫さんの問題で被害を受けたのは他のキー局だって同じなのに、雨上がりの解散ネタを独占的に報じる姿勢に他局はシラケています。蛍原さんは他でもレギュラー番組を持っているので、この特番にはあまり乗り気ではなかったようですが、大々的に解散を発表したいという宮迫さんの最後のワガママに付き合ってあげただけ。正直、宮迫さんに関しては、ほとんどのテレビ関係者があの番組で愛想を尽かした形です」(民放関係者)

 そんな宮迫だが、実は年末にテレビ復帰の話も進んでいたという。

「吉本も、自社タレントと共演さえしなければ宮迫のテレビ復帰には口出しをしないと言っているので、いくつかの番組が年末の特番で宮迫を使うつもりで調整をしていたんです。ただ、今回の解散騒動が思ったよりも視聴者の反感を買っていて、SNSでは批判の対象になっている。オファーを検討していたテレビ局も、バッシングを受けることを警戒してみないっせいに白紙撤回しています。宮迫さんにとって頼みの綱のテレビ朝日も、今後のブッキングにNGが出たようで、地上波への復帰の手助けは一切しない方向で話は進んでいるようです」(民放関係者)

 今回の解散番組を配信したABEMA、「吉本興業チャンネル」共に、翌日には動画を削除して徹底した“宮迫消し”を行っている。

「ABEMAも吉本も、この動画をアーカイブで残せば利益を上げることができたでしょう。ですが、吉本の上層部が許さなかったようです。テレ朝の上層部も、子会社扱いのABEMAが宮迫関連の映像を残すことにNGを出した。『アメトーーク!』放送後に宮迫さんが配信した動画も低評価が多く、各局とも宮迫はもう使えないという判断を下したようです」(民放関係者)

 さらに、テレビ局が“宮迫NG”を出した背景には、広告代理店からのお達しもあるようだ。

「今年に入ってから、スポンサーから相次いで宮迫さんの出演NGが出るようになり、広告代理店は取り扱い注意のタレントとしてテレビ局に通達しています。宮迫さんのブッキングには代理店の審査が必要になったので、番組としてもよほどの理由がない限り使うことはありません。ですが、そんな事情を露程も知らない宮迫さんは、各局のプロデューサーにテレビ復帰の相談をしているとか。本人はとしては、やはりテレビへの復帰が目標のようです」(民放関係者)

 現状、YouTuberとして生きていくしかない宮迫だが、今後は厳しくなっていきそうだという。

「宮迫さんの動画には芸人も出演していますが、今後は出演が難しくなると思います。吉本を辞めている加藤浩次さんや中田敦彦さんですら、スポンサーの兼ね合いもあって難しくなりそう。これまでYouTuberのヒカルやその取り巻きが宮迫さんをサポートしていましたが、テレビに復帰できるのではないかという思惑もあって協力をしていた部分がある。なので、今後は不透明な状況です。そういった事情もあって、宮迫さんはテレビ復帰をいまだに諦めきれないんだと思います」(民放関係者)

 自身の身勝手な行動で、相方だけでなく、自分をここまで有名にしてくれたテレビにまでソッポを向かれてしまった宮迫。YouTuberの仲間たちは、果たしてどこまで助けてくれるのだろうか。

  • 8/26 17:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます