「ハコヅメ」は女性版「相棒」?戸田恵梨香&永野芽郁の名コンビに続編希望の声

拡大画像を見る

 戸田恵梨香と永野芽郁W主演ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系)の第6話が8月25日に放送され、平均視聴率は11.1%と2桁台をキープした。

 この日の物語は、藤(戸田)のペアとして成長した川合(永野)が周囲から認められるようになり、自身も喜びと自信を持ち始めていた。そんな矢先、交通事故の通報で現場に向かった2人。一見、悲惨な事故ではないことにホッとする川合だったが、車から投げ出されたようなタオルケットに気付いた藤は、すぐさま確認する。そこには、心肺停止状態の赤ちゃんが横たわっていた。

 初めて悲惨な現状を目の当たりにした川合は身がすくんでしまう。そのショックから、自身をコントロールできなくなり、仕事どころか食事もとれなくなってしまう。

「ネット上には『このドラマってよく出来ていると思う。よくありがちな、感動して下さい的な押し付けではない、じわりと来る感動が心地よい』『相手に対して安っぽい言葉だけの慰めではなく、辛さを共有することで克服させようとする、さり気ないみんなの姿がとてもよかった』など、激務をこなす仲間同士のつながりに心打たれた人が多かったようです。また、『女性版“相棒”ってことで、今後シリーズ化してほしいくらい大好き』との声も。次回は、敏腕刑事から交番に異動させられた藤の過去が明らかになります」(テレビ誌ライター)

 藤と川合のペアに亀裂が入りそうな予感の次回。ますます目が離せない。

関連リンク

  • 8/26 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます