【新潟2歳S・注目馬】アライバル デビュー戦で能力の一端を示した素質馬が重賞初制覇へ

拡大画像を見る

 8月29日、新潟競馬場で行われる新潟2歳ステークス(2歳・GIII・芝1600m)に出走するアライバル(牡2、美浦・栗田徹厩舎)。

 同馬は父ハービンジャー、母クルミナル、その父ディープインパクトという血統。通算成績は1戦1勝。

 6月の新馬戦ではジワッとゲートを出ると、序盤はやや促しながらの追走。道中は逃げたマブセレナードを射程圏に入れながらポジションを上げ、4コーナーでは手ごたえ十分でいつでも抜け出せる態勢に。ゴーサインを出すと2着のプルパレイを一気に突き放し、2馬身半差で快勝した。上がり3ハロンでマークした33秒7はメンバー2位タイだが、稍重の馬場を考えれば優秀なもの。

 母クルミナルは2015年の桜花賞2着、オークス3着と惜敗し、牝馬クラシックには手が届かなかった。牡牝は違えど、母が果たせなかったクラシック制覇の夢へ向けて、重賞初制覇を飾って第一歩を印したいところだ。

関連リンク

  • 8/26 17:16
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます