【キーンランドC 血統データ分析】ディープインパクト系は好相性、後継種牡馬の動向にも注目

拡大画像を見る

 29日に札幌競馬場で行われるキーンランドカップ(3歳上・GIII・芝1200m)について血統・種牡馬別に検証していく。なお、函館競馬場で代替開催された2013年はデータの集計対象外とした。

 過去10年で最多となる3回の馬券絡みがダイワメジャーとディープインパクト。2回がロードカナロア、クロフネ、スウェプトオーヴァーボード、ファルブラヴとなっている。

 上位人気と目されるメイケイエールは初出走となるミッキーアイル産駒。なお、下級条件を含めたコース成績は[0-0-1-11]となる。まだ当該コースでは連対例こそないものの、未勝利戦ながらリツィタルが14人気で大駆けしており、複勝回収率は182%とプラス収支を記録。先週の札幌記念を勝ったソダシが近親にいる血統背景からもメイケイエールは注目の存在だろう。

 ロードカナロア産駒は[1-1-0-4]。2度の好走例はいずれもダノンスマッシュ(18年2着、19年1着)によるもので、昨年は58kgの斤量も応えたのか1人気の支持を集めたダイアトニックが15着と大敗。なお、今年は当該コースで代替開催された函館スプリントSにてカレンモエが1人気2着となっていた。同産駒からはダイアトニック、レイハリア、ロードアクア、メイショウチタン(除外対象)の4頭が特別登録している。

 ディープインパクト産駒は[1-1-1-4]。14年2着レッドオーヴァル、16年1着ブランボヌール、20年3着ディメンシオンという内訳で、昨年はディメンシオンが9人気ながら3着と健闘していた。なお、ディープインパクトの全弟オンファイアも種牡馬として15年ウキヨノカゼ(8人気1着)を出している。今年はカツジが出走予定。

 また、ディープインパクトの後継種牡馬として前記ミッキーアイルほか、今年はディープブリランテの産駒が初出走となり、上位人気を担うミッキーブリランテの動向が注視される。なお、ディープブリランテ産駒の当該コース成績は[3-1-4-32]。

関連リンク

  • 8/26 12:20
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます