ナインティナイン「解散しない」宣言に「ラブラブカップルみたい」と話題!

拡大画像を見る

 お笑いコンビのナインティナインが8月19日深夜、ラジオ「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」(ニッポン放送)に出演。8月17日に解散したお笑いコンビ・雨上がり決死隊の話題から自分たちの解散の可能性について語った。

 岡村隆史と矢部浩之の2人は番組冒頭から雨上がり決死隊の解散について言及。大阪時代にユニット「吉本印天然素材」として一緒に活動していた頃の思い出も振り返ると、岡村が「久しぶりにちょっと(我々は解散しないか)確認しようか」と矢部に提案。矢部は苦笑しつつ「前から言うてるけど、別に俺、確認求めてないから。『何があってもあと5年はやろう』とか言ってた時期もあったもんね」と言いつつも「何があるかわからんということを今回、雨上がりさんでわかった」と悟ったかのように発言。すると岡村は「そんなこと言うなよ」とツッコミつつ、同意した。

 とはいえ、矢部は「俺からは絶対にない。『解散しましょう』なんて」と断言。岡村も「俺からもないで」と返した。しかし矢部は「逆に“確認”が‥‥正直に言うよ。腹立ってるねん。なんで確認すんねやろうと思って。俺にそんな匂いある?」と質問。岡村がすかさず「ちょっとある」とつぶやくと矢部は「嘘や!」「ショッキング、めっちゃショッキング」と嘆いた。

 ネットでは《なんだこのラブラブカップルみたいな会話》《2人ともやらかしても不義理するタイプじゃないし、ああなるのは想像つかないな》《よかった! 両思いで笑》など会話を楽しみつつ安堵する声が上がった。

「岡村は10年に体調不良で約5カ月休養しましたが、それを勧めたのは矢部です。さらに昨年、岡村が当時1人で担当していた『オールナイトニッポン』で女性蔑視発言をして炎上した時も、矢部は2週連続で登場して公開説教。コンビの関係性について『あんまりいい感じじゃない』と赤裸々に吐露しつつも岡村に対し、厳しくも思いやりのある態度を明らかにして称賛の声が挙がりました。何度も危機を乗り越えてきたからこそ2人の絆は前よりも強くなっているでしょう」(芸能記者)

 窮地の岡村を何度も救ってきた矢部からの解散否定宣言はファンにとっては大いに安心できるものだったと言えるだろう。

(柏原廉)

関連リンク

  • 8/26 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます