イモトアヤコ「パラリンピック開会式」のTwitter超連投は日テレ『イッテQ』後継者不安?

拡大画像を見る

 8月24日夜、NHKで生中継されていた東京パラリンピックの開会式。

 その中継に連動する形で『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でお馴染みのイモトアヤコ(35)が、ツイッターで実況をしていたのだが、その内容が「イモトにしかできない!」と大好評だったという。

「イモトといえば『イッテQ』の人気コーナー『珍獣ハンターイモト ワールドツアー』で世界各国を訪れていることで有名です。8月15日に、妊娠6カ月であることを発表したイモトですが、今回はパラリンピックの各国代表の入場に合わせて《マラケシュの市場でおじさんとケンカ #モロッコ》《マナスル登頂 #ネパール》と、旅の思い出を一言ずつ添えてツイートし続けたんです」(女性誌記者)

 多くの国々の思い出を紹介し、《途中からでしたが自分なりの行ったことある国思い出でした》で、イモトは締めた。

 ちなみに、昨年外務省は“世界の国数は196カ国”と発表しているが、インスタグラムによるとイモトが訪れた国数は累計118カ国と、半分以上制覇しているから驚きだ。

「どれも印象に残る一言ばかりで、《あー、懐かし〜〜》というファンのコメントもチラホラ見かけました。たとえば、《チーターと競争 #ナミビア》というのは、08年に放送されたいまだに伝説と語り草の企画です。今年7月25日放送の総集編でも、あらためてプレイバックされていましたね」(前同)

 コースの間に柵なども用意されていない、完全な並走で行ったチーターとの100m走企画。当然ながら敗北したが、「チーターと人間が並走する」という本来ならあり得ない光景は、視聴者の度肝を抜いた。ちなみに、チーターは100mを6秒50で走った。

■今にして思えば感慨深い写真企画

「また、《フランスパンチャレンジ #フランス》という18年7月8日の放送でフランスを訪れた際に行った企画の1つを振り返るツイートをしていますが、これはイモトが妊婦さんになった今にして思えば、非常に感慨深い写真を撮ったことを思い出します」(専門誌記者)

 イモトはルーヴル美術館やムーランルージュといった名所や、フランスの芸術的な活動を紹介したのだが、その1つが当時フランスのSNSで流行していたフランスパンチャレンジだった。日常写真にフランスパンを紛れ込ませて、それを投稿する遊びだ。

「イモトはフランスパンを杖に見立てて“爺さん、飯はまだか?”、両耳に当てて“卑弥呼!”など一発ギャグをしたほか、“頬張るバナナがフランスパン”“フランスパンを背負って二宮金次郎みたいに読書”“綱引きの綱がよく見るとフランスパン”などなど多くのオバカ写真を披露していましたが、特に枚数が多かったのが“フランスパンを赤ん坊に見立てて…”シリーズだったんです」(前同)

 ブランケットに包んで抱っこしたり、エッフェル塔をバックにベビーカーに乗せたり、パンを5本使って人型にして「エッフェル塔を見つめる親子」をやったり。BGMが平井堅の『ノンフィクション』だったこともあわせてシュールな光景の数々だった。

■改めて自分の存在をアピール?

「しかし、イモトももうすぐお母さん。このフランスパンチャレンジのような写真を、自分の子どもで撮影できる日が来るのもそう遠くないでしょう。そう考えると、今となってはロマンチックな写真に思えてきます。この写真は、現在もイモトがインスタグラムに残していますね」(前出の専門誌記者)

 それにしても、改めて多くの国々を回っていたなと思い知らされる。今回のツイートだけでも、49カ国ほどツイートしていた。

「今回のツイートは『イッテQ』での存在の大きさがよく分かる出来事でしたが、コロナ禍で海外ツアーができないことに加え、産休で離脱する期間は出てきますし、何より子育てもあるのにこれまでのような危険なロケに復帰できるのかは微妙なところです。

 一説には、SixTONESの京本大我(26)が同局の『沸騰ワード10』で8月13日の放送でも大分県にある断崖絶壁に架かる石橋“無明橋”に行くため、ほぼ垂直な崖を登るなどアイドルは思えないほど厳しいロケに挑んでいることや、京本自身が登山にハマっていることから、『イッテQ登山部』の“後継者説”もささかれています」(前同)

 今回のツイートは、あらためてイモトが番組に自分の存在の大きさと、「これからもイケる」と伝えるための援護射撃だったのかも!?

関連リンク

  • 8/26 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます