東野幸治も称賛!はるな愛、パラリンピック開会式の「主役大活躍」で復活『あらびき団』に凱旋出演!?

拡大画像を見る

 8月24日、国立競技場で行なわれた東京パラリンピックの開会式にタレントのはるな愛(49)が出演した。

 はるなは、開会式の冒頭、オープニングビデオが終了してすぐのカウントダウンダンスで、「パラ・エアポート」で働く100人のクルーの一員として最初に登場。青い帽子とワークウェアを身にまとってパフォーマンスを行なった。

「はるなは公募キャストとして開会式に参加したといいます。彼女の出演はネット上でも大いに話題になったほか、式の終了後にインスタグラムのストーリーで、“誰も違って誰もいい。本当に変わる時です”と熱いメッセージを発信したことでも注目されました」(芸能記者)

 開会式の1番最初に登場し多くの人の度肝を抜いたはるなだが、驚いたのは一般人だけではない。

 お笑いタレントの東野幸治(54)は、はるなが開会式に登場した直後、ツイッターで「え!はるな愛ちゃんから始まった!あらびき団の出世頭!」と投稿した。

「東野がツイートで言及しているのは、東野と藤井隆(49)がMCを務めていたネタ番組『あらびき団』(TBS系)のことです。

 この番組は2007年10月から2011年9月までレギュラー放送され、その後も不定期の特番として何度か復活しています。一般的なネタ番組とは違い、個性的なネタを披露される番組としてカルト的な人気を誇り、ハリウッドザコシショウ(47)やどぶろっくら後に大ブレイクする芸人たちもパフォーマーとして登場していました」(前同)

■「出世番組」に凱旋出演か!?

 MCの東野から“出世頭”と言われたはるなも『あらびき団』にパフォーマーとして出演。松浦亜弥(35)の口パクモノマネ“エアあやや”を度々披露し、ブレイクのきっかけを作った。

 放送作家は、

「2009年3月に行われた『あらびき団』のDVD発売イベントで、はるなさんは自身を“あらびき団のシンデレラガール”と紹介していました。それほどはるなさんと番組の結びつきは強いのですが、パラリンピック開会式を終えた現在、はるなさんの『あらびき団』への凱旋出演があるかもしれない、と噂されているんです」

 と話し、こう続ける。

「TBSでは、昨年9月に放送された8時間にわたるダウンタウン司会の大型特番『お笑いの日』を、今年も放送するといいます。2020年は『音ネタFES』、『ベスト・オブ・ザ・ドリームマッチ』、『ザ・ベストワン』、そして『キングオブコント』の4本が放送されました。今年はこのラインナップが少し変わり、『あらびき団』が『お笑いの日』の中で放送されるそうですよ」

 レギュラー放送終了以降、5度の特番が放送されてきた『あらびき団』。そこでは、ザコシショウをはじめ、どぶろっくら往年の“あらびきスター”も登場した。

「今年の放送でも、“あらびきスター”が登場するのではないかと言われていて、はるなさんの出演も期待されています。パラリンピックで話題になったばかりですし出演したら、番組は大いに盛り上がるでしょう。ぜひ、パラリンピック級のパフォーマンスを伝説の番組で見せてほしいですね」(前同)

 はたしてはるなの凱旋出演はかなうのか!?

関連リンク

  • 8/26 7:25
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます