大谷翔平「超大型274億円契約報道」で浮上した「噂の彼女との結婚」と「あの大先輩の道」

拡大画像を見る

 エンゼルス・大谷翔平(27)の勢いはとどまることを知らない。

 8月19日(日本時間)に行われたタイガース戦には、投打の“リアル二刀流”で出場。渡米後最長となる8回を投げ抜き、1失点の好投で8勝目をマーク。バッティングでは、8回表に試合の決定打となる40号ホームランを放った。

「後半戦の大谷は、これまで6試合連続でクオリティスタート(6回以上を自責点3以下)を達成するなど、特にピッチングで安定感を見せています。バッティングも、2位のブラディミール・ゲレーロJr.(22)を4本差で突き放してホームラン王を独走している。打点部門でもア・リーグ4位につけて、トップを射程圏内に捉えています。この活躍が続けば、前代未聞となる投打での月間MVP受賞だってあり得ますよね」(スポーツ紙記者)

 いまや日本だけでなく世界中の野球ファンの楽しみになっている大谷の活躍ぶり。しかし、それを手放しで喜べないのが、所属球団のエンゼルスの経営陣だという。

「問題なのは、大谷の契約です。現在の大谷はルーキー外国人選手を対象とする規定に従って、2年で総額9億3000万円という契約を結んでいます。今シーズンの大谷の活躍と、チームの看板選手であることを考えると、これは破格の安さですよね。

 大谷は22年のシーズンオフに制限なしの年俸調停権を、23年にはFA権を取得します。エンゼルスが大谷を引き留めるには、更なる大型契約を結ぶしかありません」(前同)

 そのため、水面下では着々と準備が進んでいるという。

「球団は、大谷の代理人であるネズ・バレロ氏と交渉をスタートしたと言います。米スポーツ専門局のESPNによると、次の大谷の契約は“5年総額約274億円”にものぼる可能性があるという予測も出ているようです」(同)

 そこまで破格の契約であっても、エンゼルスは大谷に残留してほしいところ。だが、大谷の獲得競争には、とあるチームが名乗りを上げるとの噂も。それはズバリ “金満球団” のニューヨーク・ヤンキースだ。

■先輩であるマー君のようになるのか

「ヤンキースは、自他ともに世界一の名門球団だという信念があり、首脳陣には『ベーブ・ルースのように、歴史を変える選手は名門ヤンキースでプレーすべき』と考える人が多い。

 二刀流を世界に知らしめた大谷が、今後もケガなくコンスタントに成績を残すようなら、FAになる再来年オフには、エンゼルスの同僚であり“MLB現役最高選手”と名高いマイク・トラウト(29)の12年総額約470億円と同等、もしくはそれ以上の金額を用意する可能性もありますね」(同)

 ヤンキースには、これまで複数の日本人メジャーリーガーが所属してきた。そのなかでも真っ先に思い浮かぶのは、ヤンキースのエースとして活躍し、今シーズンにNPBへ電撃復帰をした田中将大(32)だろう。

「田中は、2014年にヤンキースへ移籍。メジャーデビューから6年連続2桁勝利をあげ、通算78勝、防御率3.74という成績を残しています。2015年からは、エースの証である開幕投手を4年連続で務めており、これは野茂英雄を抜き、日本人メジャーリーガーの最多記録となっています」(同)

■大谷翔平の「噂の彼女」

 日本人メジャーリーガーとしてトップクラスの活躍を果たした田中だが、その影には、妻である元タレントの里田まい(37)の支えがあった。

「2人はテレビ番組の共演をきっかけに知り合い、真剣交際に発展。2010年には双方がブログで“いいお付き合いをさせて頂いております”と発表し、世間を賑わせました。その後2年間の交際を経て、2012年に球団を通じて婚約を発表。結婚後、里田の手料理写真がインスタグラムに投稿されるたびに、“内助の功”っぷりが話題になりました」(女性誌記者)

 アスリートにとって、生涯の伴侶選びは競技人生にもかかわるような、大きな人生の選択だが、大谷にも、世間を賑わす噂の相手がいる。

「元女子バレーボール日本代表の狩野舞子(33)です。2018年頃から、大谷の試合を現地で観戦したり、おそろいのブレスレットをつけたり、交際が噂されました。2021年5月の『文春オンライン』の取材では、大谷と狩野の双方の父親は“結婚”について直撃され、どちらの親も否定しませんでした。大谷の父は“いい人が現れてタイミングがあえばって感じじゃないですか”と、どちらとも取れる発言をしていることから、公認ではないか、という声も出ています」(前同)

 大谷と狩野も、噂が流れ始めて今年で3年目。偉大な先輩である田中将大を見習うならば、“ヤンキース入り&結婚報告”も近いかも?

関連リンク

  • 8/26 7:25
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます