近藤春菜が「スッキリ」代役MC出演、「人相が悪くなった」の指摘

拡大画像を見る

 夏休み中の加藤浩次の代役MCとして、8月19日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)に出演した近藤春菜。今年3月まで加藤とともに同番組のMCを務めていたため、番組冒頭では「ただいま! 久しぶり」と笑顔であいさつ。「涙、涙の卒業から5カ月で戻ってきました」「早くない? あんなすごい送り出され方したのに、もういるじゃん」と自虐的なコメントで笑いを誘った。

「番組を途中から視聴した人は驚いたようで、ネット上には『卒業したばかりの春菜がなぜ出演しているのか』という書き込みが続出していました。また、不思議なことに『スッキリ』でMCをする近藤を見て『人相が悪くなった』と指摘する声が思いのほか多かったようです。中には『「スッキリ」卒業したらハリセンボンとして本業の漫才で頑張るって言ってなかったっけ。どこで漫才してるの?』『「スッキリ」を卒業してもコロナ禍で春菜会を開けなくて残念だこと』といった嫌味な声まであるようです」(女性誌記者)

 近藤は吉本と専属エージェント契約をしているが、相方の箕輪はるかは吉本興業に所属したまま。ハリセンボンとして活動する場は、決して多くはないのかもしれない。

関連リンク

  • 8/26 7:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます