軽井沢の森の木々を飲料として楽しむ!フォレストソーダとフォレストシロップが新登場


TŌGEと日本草木研究所は、新ブランド「木(食)人(もくしょくじん)」より軽井沢の森の木々を飲料として楽しむフォレストソーダとフォレストシロップを発表・販売。8月23日(月)より、数量限定で日本草木研究所オンラインストアで予約発売を開始する。

森の食用化を試みる実験としてブランド設立


「木(食)人」は、軽井沢・離山に生息する香り高き木々の食用化を試みる食品ブランドだ。離山を管理する過程で採られる軽井沢の木々を研究し、食べられる形に変えている。

今回は第一弾プロダクトとして、木の香りを抽出したフォレストソーダと、トニックやほうじ茶など好きな割り方で楽しめるフォレストシロップを発表・販売する。

軽井沢で採れる香木で森の香りを


原材料はモミ、アカマツ、カラマツ、アブラチャン、ヒノキ、晩柑、ブラックカルダモンのみ。砂糖をのぞく材料の95%以上に、軽井沢で採れる香木を使用し、なるべく純度高く森の木々自体の香りを楽しめるように試みた。他にはブラックカルダモンや晩柑など、香りのシナジー効果がある材料を組み合わせている。

数量限定で販売開始のソーダとシロップ

今回数量限定で販売開始されるプロダクトは、もぎたての季節の香木を蒸留した新感覚飲料で、森に入った瞬間の抜けるような爽やかさを凝縮した味わいだ。


木の爽やかな旨みを凝縮したストレートタイプの微炭酸飲料の「FOREST SODA」2,560円(税込)。そして炭酸水・トニックウォーター・お茶等で割って飲める、「FOREST SYRUP 大」720ml/3,980円(税込)と「FOREST SYRUP 小」250ml/1,930円(税込)。

商品は9月上旬から配送開始予定だ。芳醇な木の香りを感じたい人は、チェックしてみて。

画像をもっと見る

  • 8/25 17:08
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます