鈴木奈々「救ってほしい」 人気占い師に仕事減の悩み訴え 休養前に収録

拡大画像を見る

 今月4日に体調不良のため休養を発表したタレント・鈴木奈々(33)が25日、フジテレビ系で放送された「突然ですが占ってもいいですか?2時間SP」に出演した。収録は休養前の7月17日に行われた。

 休養発表前に収録したテレビ番組のうち最後のオンエアだという。

 人気占い師・木下レオンが鈴木を占った。悩みを抱えていた鈴木は、番組とは関係なく、以前、個人的にレオンにダイレクトメールを送り、相談を持ちかけていたことが明かされた。

 デビュー15年の鈴木は「私、このままの私でいいか悩んでいて」と真剣に告白。「救ってほしいです。最近考えすぎちゃって、眠れないんです」と救いを求めて相談した。

 「30代になってからすごく仕事が減りました。徐々に徐々に徐々に…」と訴え、「みちょぱ、いいなぁ、みちょぱ、コメンテーターやっててすごいなぁ、やっぱ、みちょぱは…」と、情報番組やバラエティーにひっぱりだこの『みちょぱ』こと池田美優をうらやんだ。

 休養前の収録だったため、鈴木が「ぶっちゃけ、ちょっと仕事休もうかな、っていうのも考えた」と告白する場面もあった。

関連リンク

  • 8/25 21:54
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 可愛いと思いますけどね。リアクション芸もあるし。落ち着いても奈々さんらしさは無くさないで欲しいと思う。

  • リーチャ

    8/26 23:56

    うるさい、下品 良いとこないやん。 二度とテレビに出ないでほしい

  • コロナで仕事や生活に不満が出てるこのご時世で、ただ芸のないだけのバラエティタレントの愚痴なんて誰が聞きたいんだよ。 こういうとこなんだろうな笑

記事の無断転載を禁じます