【キーンランドC・注目馬】メイケイエール 重賞3勝の才女が北都のスプリント戦で新境地を切り開く

拡大画像を見る

 8月29日、札幌競馬場で行われるキーンランドC(3歳上・GIII・芝1200m)に出走するメイケイエール(牝3、栗東・武英智厩舎)。

 同馬は父ミッキーアイル、母シロインジャー、その父ハービンジャーという血統。通算成績は6戦4勝。

 昨年8月の新馬戦を5馬身差で完勝すると、その勢いのまま挑んだ小倉2歳Sでも軽快な先行力を生かし、圧倒的人気に推されていたモントライゼを下し、重賞初制覇を飾った。さらに続くファンタジーSでも1番人気に応え勝利し、重賞連勝でデビュー以降無傷の3連勝をマーク。

 阪神JFでは4着に終わったものの、明け3歳初戦となったチューリップ賞ではエリザベスタワーと同着優勝。3番人気に推された前走・桜花賞では気難しさを見せて、18着に終わったが、重賞3勝の力は紛れもなく世代上位。

 キーンランドCは重賞に格上げされた2006年以降、過去15回中10回で牝馬が勝利。3歳牝馬による勝利も2007年ク―ヴェルチュール、2016年ブランボヌールと2回記録している。4勝中3勝で手綱を執っている名手・武豊騎手を再び鞍上に迎え、牝馬に相性のいい舞台で秋の飛躍につなげたいところだ。

関連リンク

  • 8/25 20:33
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます