アンミカ、番組収録中に取り憑かれた!?加藤浩次も慌てたヤバすぎる「霊感」

拡大画像を見る

「極楽とんぼ」の加藤浩次と「バイきんぐ」の小峠英二が、8月19「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)に出演。アンミカの「霊感の強さ」についてのエピソードを語った。

 2人は先日、世界のかわいい動物や九死に一生を得た衝撃シーンなどが出てくるVTRを見ながら進行する番組を収録。加藤がMC、小峠が進行役を務めたという。番組前半は楽しい映像が多かったが、後半は外国の怪奇現象の映像を複数扱うパートがあり、その一つに、中国のスーパーの防犯カメラが映し出した怪奇現象があったそうだ。

 内容は、買い物しているおばさんの後ろの棚から品物が一つ落ち、おばさんが後ろを振り返り、それを棚に戻そうとすると手が抜けなくなったというもの。しばらくしてようやく手が抜けると、そのおばさんが倒れ込んで奇声を発し、店員やほかの客が「大丈夫か!?」 と駆け寄ってきたという。

 これに、「最後はおばちゃんがワーっと叫ぶと、防犯カメラがブワって揺れんだよね。ノイズもブワって入るの」と、説明する加藤。一連のVTRが終わり加藤がゲスト出演していたアンミカに「霊の映像どうでした?アンミカさん霊感ありそうですね」と話を振ると、「私、よくあるんです」としたアンミカは、VTRについて「一つだけ本物がありました」として、件の中国の映像を指摘したという。

 そこで加藤は番組をおもしろくしようと思い、さらにアンミカに「霊なんですか?霊って何なんですか?」と聞くと、アンミカは「悪魔みたいな霊みたいな」。加藤がさらに「どっちなんですか!?」と詰めると、何とアンミカは「ウエーッ」とえずき始めたというのだ。

「加藤が慌てる中、アンミカは『私ダメなんです。寄ってきちゃうから』と、マネージャーらしき人物に塩を持ってきてもらい、独特の呼吸法をして“セルフ除霊”をし始めたそうです。アンミカの霊感の強さを知る小峠によれば、マネージャーはそんな時のために塩をいつも持ち歩いているのだとか」(エンタメ誌ライター)

「どこまでオンエアされるかわからないですけど、現場でオレ、久しぶりに興奮しましたね」と興奮気味に語っていた小峠。番組名までは明かされなかったものの3時間半の特番だそうで、アンミカの“衝撃映像”がどこまで放送されるか気になるところだ。

(鈴木十朗)

関連リンク

  • 8/25 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます