LINEで使う「アセアセ」、おじさん衝撃の由来とは<ギャル語辞典>

拡大画像を見る

 若者言葉のひとつとして一般世間でも注目を集める「ギャル語」。かつてはテンションが上がった際に使う「あげぽよ」や「マジ卍(まんじ)」、“パーティーピーポー”(パーティーが好きな人々)を略した「パリピ」などの言葉が流行した。

 とはいえ、若者たちのトレンドは移り変わりが激しいもの。気がつけば、彼女たちの会話の内容をまったく理解できないなんてことにもなりかねない。

 そこで、渋谷や新宿などに行くことが多いというギャルやキャバ嬢を中心に聞き込み調査を実施。最近よく使っている「ギャル語」を教えてもらった。そのなかで、今回は「アセアセ」を紹介する。

◆Q.「アセアセ」ってどんな意味?

 耳馴染みのない「アセアセ」という言葉。今どきのギャルの会話では日常的に使われているそうだが、一体どんなときに使われるのだろうか。

 ヒントは、元キャバ嬢で現在はバーテンダーの美蘭田(みらんだ)かおるさん(Twitter:@mirandaka___oru)いわく、「彼氏が浮気してた、アセアセ」といった使い方をするんだとか。わかるような……気がする?

◆A.焦っている様子、引いている様子

 “汗をかいている顔文字”を言葉で表したのが「アセアセ」。

 どういった経緯でこの言葉が使われ始めたのか美蘭田さんに聞いてみると、おじさんが“汗をかいている顔文字”をよく使うことを揶揄し始めたところから来ているそうだ。キャバ嬢時代はおじさんを接客することもあったであろう。近年では、おじさんが若い女性とLINEなどで文章のやり取りをするときに使いがちな言い回しを“おじさん構文”と呼ぶこともある。

 今日から顔文字ではなく「アセアセ」を使えば、若者たちとの距離が縮まる……かもしれない。

<文/二階堂銀河(A4studio)、撮影/藤井厚年>

―[おじさんが知らない「ギャル語」辞典]―


関連リンク

  • 8/25 15:51
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます