Netflixの実写版『カウボーイビバップ』は11月19日配信開始

拡大画像を見る

Netflixは実写版『カウボーイビバップ』を11月19日に配信開始すると発表しました。


https://twitter.com/netflix/status/1429790537922404356


https://twitter.com/bebopnetflix/status/1429790948708392960

主人公のスパイク・スピーゲルを演じるのは韓国系アメリカ人俳優のジョン・チョー。

ジェット・ブラックを演じるのはアフリカ系アメリカ人俳優のムスタファ・シャキール。

フェイ・ヴァレンタインを演じるのはメキシコ系アメリカ人俳優のダニエラ・ピネダと、多様性溢れるキャスティングとなっています。


https://twitter.com/NetflixGeeked/status/1429805689522753539

アニメ版『カウボーイビバップ』の監督である渡辺信一郎さんがコンサルタント、アニメ版の音楽を担当した菅野よう子さんが実写版でも音楽担当として参加しています。

SNSには次のような声が寄せられています。

・予告編を早く観たい
・期待できそうだな
・『カウボーイビバップ』を台無しにするなよ
・アインが可愛い
・フェイのキャスティングが微妙
・Netflixがまたやらかしそうな予感がする
・脚本次第ってとこか
・『カウボーイビバップ』の実写版が観たいとか誰が言い出したんだか
・アニメ版が神すぎるからな
・実写版『ゴースト・イン・ザ・シェル』と同じ匂いがする
・テーマソングが「TANK!」じゃなかったら暴動起こすぞ
・アニメの実写版でまともな作品はないからなあ
・予告編観るまではなんとも言えん
・アインがいるよ

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/netflix/status/1429790537922404356

(執筆者: 6PAC)

関連リンク

  • 8/25 13:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます