フワちゃん「さんま御殿」での過酷な体験明かす 「見られたくなかった」学生時代の珍エピソードも

【モデルプレス=2021/08/25】YouTuber芸人のフワちゃんが25日、都内で開催された映画「モンタナの目撃者」(9月3日公開)の公開直前イベントに、俳優の柳沢慎吾とともに出席した。

本作は、過去に壮絶な事件を目撃したことで心に傷を抱える森林消防隊員のハンナ(アンジェリーナ・ジョリー)が、父が命懸けで守り抜いた“秘密”のために暗殺者に追われる少年・コナー(フィン・リトル)と出会い、背後に迫る凄腕の暗殺者や、目前に立ちはだかる巨大な山火事に行く手を阻まれながら生き抜こうと奮闘する姿を描く。

登壇したフワちゃんは、柳沢が先に前説をやっていたことに触れ「もっとね、うわー!ってなりたかったのに、勝手に前説するから、皆二回目だから、全然テンション上がってないし(笑)」と、登場が思っていたほど盛り上がらなかったことにぼやき。「『前説行ってくるから』って、ふざけて言ってるのかと思ったら、本当に(笑)。びっくりした。皆もパシャパシャじゃないの!おかしいからね!」と笑顔で柳沢にツッコミを入れた。

今後取り組みたい新たな挑戦を質問されたフワちゃんは「この間ね、私初めて『笑点』に出させてもらったの。すごいじゃん?『笑点』なんて、すごい大御所番組で。長寿番組で。こんなんに出れて嬉しいなあって思ってて。何するんだろう?大喜利とかするのかな?って思って行ってみたら、座布団運びだったのね」と返答。「今度は、ちゃんとお爺さんの横に座って、私も座布団の上に座りたい」と願望を明かして柳沢を笑わせた。

◆フワちゃん、過酷な体験を明かす

また、物語にちなんで過酷な体験に話が及ぶと、フワちゃんは「ちょっとぴりっとしたのが、『さんま御殿』で、出させてもらったんだけどね。隣の席に、泉ピン子さんがいたの。フワちゃんと泉ピン子を並びで座らせるなんて、絶対なんかやり合ってほしいっていう意図があるんだなと思って。『これは今日、気合を入れて臨まなきゃ。泉ピン子だぞ!』って思って、覚悟を決めて行ったのね」と回想。

「意を決して、泉ピン子に『ピン子かわいいんだけど』みたいな感じで噛みついたの。そうしたらね、ピン子が、年月を経て、すっかり丸くなっちゃってて。『可愛いって言われちゃった。嬉しい』って、全然来なかった(笑)。あれ?って思っちゃって、焦りすぎて、そのさらに奥にいた、全然関係ないクワバタオハラに噛みついちゃった」と明かして会場を沸かせていた。

さらに「これは見られたくなかった」という経験を聞かれたフワちゃんは、学生時代のエピソードに言及。「自転車乗るときに、歌を歌うのが好きなんだけど、高校の帰り道とかで、charaとかをよく歌ってたの。私chara歌うとき、必ず声を寄せて歌うんだけど」と、歌マネを交えて述懐し、そんな姿をクラスのイケメンの男子に見られてしまったことを告白。フワちゃんは咳払いでごまかしたというが「ごまかしたけど、絶対chara歌ってるってバレたと思う(笑)。あれは絶対に見られたくなかった」と白い歯を見せていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 8/25 12:54
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます