嵐・櫻井翔、NHKパラリンピック番組で『VS魂』話ブッコミ!!「リニューアル大コケ」でキャプテン相葉雅紀に助け船?

拡大画像を見る

 8月24日、国立競技場で東京パラリンピックの開会式が行なわれた。開会式に先立ってNHKでは嵐の櫻井翔(39)と相葉雅紀(38)がMCを務める番組『東京2020パラリンピック開会式直前スペシャル』が放送された。

 番組では、パラリンピック開会式の見どころや大会での注目選手の紹介が行なわれた。

「8月24日19時30分から放送された番組の第2部では、相葉が6月にパラリンピックアーチェリー日本代表の上山友裕選手(33)に取材へ訪れた際のVTRが流れました。相葉は取材中、上山選手愛用の弓に触れ、さらにはストリングも引っ張らせてもらい、“こんなに固いの!?”と驚く場面がありました」(テレビ誌ライター)

 このシーンをスタジオでVTRを見ていた櫻井は「ああそう」とワイプ越しに反応。続けて櫻井は、スタジオで隣にいた相葉に対して、「『魂』でやってなかったっけ?」と質問し、相葉が「それより100倍固い」と答えるやり取りがあった。

「櫻井が触れた『魂』というのは、相葉がキャプテンとしてレギュラー出演するゲームバラエティ番組『VS魂』(フジテレビ系)のことでしょう。『VS魂』では弓で的の風船を割って得点を稼ぐ『アローシューティング』というゲームが以前行なわれていたので、それで使っている弓と比較してどうなのか、相葉に聞いたのでしょうね」(前同)

■大幅リニューアルでも低空飛行を続ける『VS魂』

 櫻井も出演していた嵐の番組『VS嵐』の後を継いで、1月3日からスタートした『VS魂』。『VS魂』のメンバーでは、相葉だけでなく『開幕式直前スペシャル』に出演した風間俊介(38)もレギュラーとして活躍している。

「『VS魂』は、番組開始からしばらくしてから世帯視聴率が6%前後、コア視聴率が3%台とパッとしない数字が続いていました。当初は『VS嵐』を継承して、櫻井さんがパラリンピックの番組で触れた『アローシューティング』をはじめとするスタジオでのゲームが行なわれていたものの、7月15日から大幅リニューアル。陸上競技やテーマパークでの企画をはじめ、それまで全くやっていなかった料理対決まで行なわれるようになりました。

 イマイチな視聴率が続いていたので、テコ入れとしてリニューアルが行なわれたと見られています。しかし、リニューアルを行なった7月15日以降も視聴率は伸びていなくて、8月12日の放送を見ると、世帯視聴率は5.6%、コア視聴率も3.6%と以前と変わらない数字になっています。

 また、内容面でも、視聴者から“迷走感がある”“内容がつまんない”といった不評が寄せられていて、リニューアルは大コケとも言えそうな現状になっています」(制作会社関係者)

■櫻井のブッコミに「愛が深い」の声も

 リニューアル後も低空飛行を続ける『VS魂』の話題を突然、パラリンピック番組で挟んだ櫻井には、「アーチェリーの弓をひく相葉くんをみてワイプでVS魂のお話をしてくれてる翔くん……ほんとうに愛が深い……!!!」「翔くん 魂見てくれてるんだね」「さりげなく見てますアピールする櫻井翔くん最高に可愛い」などの反応がSNSに寄せられている。

「パラリンピックの開幕直前番組で、全く関係ない民放のバラエティ番組の話題を挟むのは、あまり褒められた話ではないのかもしれません。やはり宣伝につながるわけですからね。櫻井さんも『VS魂』に出演する相葉さん、風間さんがスタジオにいたので深い意味がなく、つい口に出してしまったのかもしれません。

 ただ、もしかしたらですが、櫻井さんとしては自分も出演していた『VS嵐』の後を継いで番組を引っ張っている相葉さん、風間さんのため、少しでも番組を紹介して応援したいとの気持ちで、意図的に番組の話題を出してきた可能性もゼロではないでしょうね……」(前出の制作会社関係者)

『VS魂』は次回放送は8月26日。櫻井のブッコミ効果で数字は上昇するのか!?

関連リンク

  • 8/25 11:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます