須賀健太、パラ開会式演出のウォーリー木下氏は「恩人なんです」

拡大画像を見る

 俳優の須賀健太が24日、ツイッターを更新し、東京パラリンピック開会式の演出を担当したウォーリー木下氏について「恩人」と紹介し、開会式に注目が集まっていることに喜びをにじませた。

 須賀は、パラ開会式最中にツイッターを更新。演出を手がけたウォーリー木下氏を紹介する記事を添付し「パラリンピック開会式、ウォーリー木下さんっていう演出家が演出してるんですけど、僕に演劇と創作の楽しさを教えてくれた恩人なんです」と嬉しそうに報告した。

 そして「また一緒に作品作りたい…」との思いも投稿。須賀はウォーリー氏と一緒に作った作品は「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』って言うんです!最高なんです」とPRしていた。

関連リンク

  • 8/25 10:37
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます